文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会福祉制度・政策応用研究
日本大学ロゴ

社会福祉制度・政策応用研究

このページを印刷する

科目名
平成29年度入学者
社会福祉制度・政策応用研究
教員名 諏訪 徹
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 福祉政策の形成と変容のダイナミクスの分析
授業のねらい・到達目標 この授業では、「社会福祉制度・政策基礎研究1」を踏まえ、福祉政策を多角的・複眼的に認識・分析する方法を習得する。
授業の方法 各自が自身の関心領域・研究テーマにひきつけて、政策の形成展開過程、自治体レベルでの政策運営の現状と課題、行政・事業者・市民活動等のセクター間の役割分担について、事例・資料・データの収集と分析、比較、文献レビューを行い資料を準備したうえで、報告と議論を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 順序にしたがって、報告資料を準備すること。
授業計画
1イントロダクション
2事例・資料・データの収集と分析、比較、文献レビュー、レポート準備についてのガイダンス
3報告と議論
4報告と議論
5報告と議論
6報告と議論
7報告と議論
8報告と議論
9報告と議論
10報告と議論
11報告と議論
12報告と議論
13報告と議論
14報告と議論
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業参画度(80%)
オフィスアワー 月曜日、火曜日の昼休み

このページのトップ