文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 基礎物理学
日本大学ロゴ

基礎物理学

このページを印刷する

科目名
平成27年度以前入学者
基礎物理学
教員名 竹村 貴人
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 最初に、物理学で必要とする数学(ベクトルや微分など)について簡単な総括を行う。次に、これが典型的に表れる「力学」を取り上げて、物理の復習をする。
授業のねらい・到達目標 ・ねらい:
地球科学での専門科目に対応できるような物理学の基礎事項の習得。
・到達目標:学習を行う上での到達目標
(1)位置・速度・加速度を理解し計算ができる(1-4)
(2)物体の運動,エネルギーを理解し計算ができる(4-10)
(3)モーメント,流体の力学を理解し計算ができる(11-15)
・学科プログラムの学習・教育到達目標とのかかわり:
(G)「地球科学の専門知識を習得する」に寄与する.
(「2015年度以前の入学者は各入学年度の学習・教育到達目標の(C)科学技術の素養」(1~15))
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 講義形式で授業を行い、宿題を利用して各自演習を行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回以降に行った内容のまとめを行うこと.また,授業中のノートは復習ができるように工夫してまとめ,授業中で解いた問題を必ず復習すること.
授業計画
1物理的な視点から見た地球科学の理解:運動
2物理で使う数学
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
3物体の位置,速度
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
4物体の加速度
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
5力学の基本法則(授業内小テスト)
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
6質点の静力学質点の運動
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
7質点の運動
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
8エネルギー保存則(授業内小テスト)
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
9運動量保存則
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
10大きさのある物体の静力学(授業内小テスト)
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
11モーメント
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
12回転座標系,コリオリ力(授業内小テスト)
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
13流体の力学:浮力
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
14流体の力学:圧力
(復習:前回行った内容のまとめを行う)
15授業内テストおよび解説
その他
教科書 大成逸夫・田村忠久・ 渡邊靖志 共編 『理工系の 物理学入門』 裳華房 2011年
参考書 参考書は随時講義の中で指示する
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(100%)
(1)位置・速度・加速度を理解し計算ができる(20点)
(2)物体の運動,エネルギーを理解し計算ができる(60点)
(3)モーメント,流体の力学を理解し計算ができる(20点)
授業内小テスト(10×4回=40点)と授業内テスト(60点)の合計100点のうち
60点以上を合格とする。また,試験には事前学習の内容が含まれる。

(1)~(3)は到達目標の番号
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(9号館9307室)にて対応する.
備考 日々の積み重ねが重要な科目です.

このページのトップ