文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > GIS分析法(含実習)
日本大学ロゴ

GIS分析法(含実習)

このページを印刷する

科目名 GIS分析法(含実習)
教員名 関根 智子
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 地理情報システム(GIS)を用いた高度な地理空間データ分析の実習
授業のねらい・到達目標 GISを使用した地理空間データ分析と可視化の方法を習得する。地理学の地域分析で利用できる、GISソフトウェアのArcMap(ESRIジャパン株式会社)を使用した地理空間データ分析の方法を理解するとともに、分析結果を地図化し、それらの考察の仕方を学ぶ。
授業の方法 講義とコンピュータを使用した実習。また、事前に配布した資料をもとに、教員が指定する場所(地理学科地理情報分析室など)で質疑応答など、およびフィードバックを行う。
履修条件 「地理情報システム(含実習)」を修得していること。
施設に制限があるため、受講生の定員をコンピュータの台数に応じて調整する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 分析に使用するデータを準備すること。また、授業中に与えられた課題については、次の授業までに解答してレポートを作成すること。なお、授業時間内に分析が終わらなかった場合には、次の授業までに分析をしてくること。
授業計画
1ガイダンス:授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する
(受講生の人数によっては定員の調整を行う)
2地図レイヤの前処理(1):位置情報の取得と表示(施設の住所データの作成)
準備)位置情報にはどのようなものがあるかを調べておくこと。
3地図レイヤの前処理(2):位置情報の取得と表示(アドレスマッチング、ポイントの生成)
準備)第2回の授業で配布した資料を読んでおくこと。
4地図レイヤの前処理(3):ジオリファレンス(幾何補正)過去と現在の地図との重ね合わせ
第2回から第4回までの地図レイヤの前処理についてのレポートを作成すること。
5地理空間データ分析(1):道路ネットワーク分析(最寄り施設の検出)
準備)教科書の道路ネットワークを使用した空間分析を読んでおくこと。
6地理空間データ分析(2):道路ネットワーク分析(道路距離圏の生成)
「地理情報システム(含実習)」の授業で配布した面積按分の資料を読み、授業で生成した道路距離圏内の人口を求めておくこと。
7地理空間データ分析(3):空間検索(道路距離圏別の施設の検出)
準備)地理学における距離逓減について調べておくこと。
8道路ネットワーク分析に関する主題図の作成と考察
第5回から第8回までの道路ネットワーク分析についてのレポートを作成すること。
9地理空間データ分析(4):基盤地図情報のダウンロード、シェープファイルへの変換
準備)「地理情報システム(含実習)」の授業で配布した基盤地図情報のダウンロードの資料を読んでおくこと。
10地理空間データ分析(5):基盤地図情報の標高別の表示
準備)基盤地図情報の標高データの種類についてまとめておくこと。
11地理空間データ分析(6):三次元表示(DEMの処理、TINの生成)
準備)ベクトルデータとラスタデータについて調べておくこと。
12地理空間データ分析(7):地形解析(等高線の作成、横断面図の作成、傾斜角、傾斜方位、光輝)
準備)第11回の授業で配布した地形解析についての資料を読んでおくこと。
13地形解析に関する考察
第9回から第13回までの地理空間データ分析についてのレポートを作成すること。
14事前に提示した課題について、地理情報分析室、またはコンピュータルームにおいて、質疑応答など、およびフィードバックを行う。
準備)課題についての図やレポートを作成し、質問や意見をまとめておくこと。
15理解度の確認:授業内試験とその解説を行う。
準備)授業の内容を復習しておくこと。
その他
教科書 高阪宏行・関根智子 『GISを利用した社会・経済の空間分析(修正版)』 古今書院 2007年 第2版
授業では、資料を配布する。
参考書 授業中に、適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(40%)、GIS技術の習得状況(授業内テストあり)(30%)
オフィスアワー 水曜日:12時10分~12時50分、8号館501研究室
詳細は、ガイダンスで説明する。

このページのトップ