文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > ツーリズム論
日本大学ロゴ

ツーリズム論

このページを印刷する

科目名 ツーリズム論
教員名 落合 康浩
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 地域資源の活用とツーリズム
授業のねらい・到達目標 ツーリズムは、地域における特色すなわち地域資源を活かし、地域主体の企画によって成立・展開する。一方、そのあり様は、地域を訪れる人々の志向に関わる時代・文化的背景や社会・経済的要因によって規定される。この授業では、そうしたツーリズムの実態とその抱える課題について解説する。
授業の方法 ツーリズムの背景となる伝統・文化やツーリズムに果たす地域資源の役割に関する資料ならびに画像などを提示しながら、講義形式で授業を行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業中に説明した内容に関するキーワードについて、その意味と具体的な事例を、各自調べて記録し、理解するように努めること。
授業計画
1ガイダンス:ツーリズムとは
2ツーリズムの背景Ⅰ -マスツーリズムから生じた諸問題-
3ツーリズムの背景Ⅱ -オルターナティブツーリズムとツーリズムの持続性-
4地域資源とその活用 -ツーリズムのテーマと舞台-
5地域資源とツーリズムⅠ -自然環境とツーリズム-
6地域資源とツーリズムⅡ -地域の伝統・文化とツーリズム-
7地域資源とツーリズムⅢ -まちなみ景観とツーリズム-
8地域資源とツーリズムⅣ -農業・農村とツーリズム-
9地域資源とツーリズムⅤ -産業とツーリズム-
10ツーリズムによる地域開発の諸問題Ⅰ -東南アジア・南アジアの事例-
11ツーリズムによる地域開発の諸問題Ⅱ -中央アジアの事例-
12ツーリズムによる地域開発の諸問題Ⅲ -ヨーロッパの事例-
13ツーリズムによる地域開発の諸問題Ⅳ -日本の事例-
14ツーリズム研究の視点とテーマの整理(質疑と応答)
15理解度の確認(授業内試験)と講義内容の総括
その他
教科書 使用しない。授業中に資料を配布する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室
備考 質問票の配布や小レポートの実施を予定している。

このページのトップ