文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > ヨーロッパ地誌
日本大学ロゴ

ヨーロッパ地誌

このページを印刷する

科目名 ヨーロッパ地誌
教員名 落合 康浩
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ ヨーロッパの環境と文化・社会を理解する
授業のねらい・到達目標 現代において世界のスタンダードとなっている社会システムや生活様式の多くは、ヨーロッパにその起源と基礎がある。授業ではそうしたヨーロッパ文化・社会の特色とその背景を、地誌学的な視点にもとづいて紹介しながら解説する。
授業の方法 ヨーロッパに関する地図・資料類や写真などを多数、提示しながら、講義形式で授業を行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前に自然地理学・人文地理学の基礎的な内容を理解しておくこと。また、授業中に説明した内容に関するキーワードについて、その意味と具体的な事例を、各自調べて記録し、理解するように努めること。
授業計画
1ヨーロッパ地域の概要(位置と国々)
2ヨーロッパの自然環境Ⅰ(地形)
3ヨーロッパの自然環境Ⅱ(気候と植生)
4ヨーロッパにおける民族(言語による民族分類)
5ヨーロッパ文化の背景(その歴史と宗教)
6ヨーロッパ連合(EU)の機構・政策と諸問題
7ヨーロッパの農業Ⅰ(農業生産と農業政策)
8ヨーロッパの農業Ⅱ(農業地域と農産物)
9ヨーロッパの農業Ⅲ(農業と食文化)
10ヨーロッパの鉱工業(資源・工業と都市)
11ヨーロッパの社会Ⅰ(都市の景観と構造)
12ヨーロッパの社会Ⅱ(交通利用の実態)
13ヨーロッパの社会Ⅲ(環境問題と地域政策)
14ヨーロッパの地域的特色の整理と理解(質疑と応答)
15理解度の確認(授業内試験)と講義内容の総括
その他
教科書 使用しない。授業中にプリントを配布する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室
備考 授業時間には地図帳を必ず用意し、適宜参照すること。
質問票の配布や小レポートの実施を予定している。

このページのトップ