文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 経済地理学
日本大学ロゴ

経済地理学

このページを印刷する

科目名 経済地理学
教員名 井村 博宣
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 産業の立地と経済地域の構造
授業のねらい・到達目標 本講義では、今後経済地理学的研究を進めるうえで必要な、経済地理学的事象の立地と展開に関する理論(法則性)、および経済地域の構造に関する理論を修得する。具体的には、地理学で基礎的な理論として取り上げられることが多い、チューネンとウェーバーなどの古典的立地論を学ぶ。
授業の方法 授業は講義形式にて行う。板書と配付資料を基本に解説するが、適宜必要に応じてPCプロジェクターを用いる。なお、配布資料は当該授業時にのみ配布する。
履修条件 開講前に学科で受講調整を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業内容に関するキーワードについて、事前に関連する文献等で調べるとともに、事後には具体的な事例を通して、理解しておくこと。わからないことを放置せず、まずは自ら調べること。
授業計画
1経済地理学の研究領域と分析方法
2立地論の研究(産業の立地、演繹法と帰納法)
3古典的立地論
4チューネンの農業立地論(理論)
5当時の農業と農村
6地代(差額地代)
7距離と地代
8同理論の現実的検証(農業的土地利用)
9ウェーバーの工業立地論(理論)
10輸送費
11労働費
12集積の利益
13同理論の現実的検証(資源と産業、情報化の進展、政策等)
14理解度の確認と解説
15講義内容の復習・解説による理解度の深化
その他
教科書 使用しない。適宜,プリントや資料を配付する。
参考書 その都度、授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 時間は木曜日の12:30~13:30、場所は8号館5階A-506研究室とする。
備考 ①資質向上のため手書きのノートを推奨し、板書の撮影や録音等は禁止する。
②本講義に関する連絡は、授業時もしくは地理学科掲示板(2年生欄)にて行う。

このページのトップ