文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地域分析法(含実習)
日本大学ロゴ

地域分析法(含実習)

このページを印刷する

科目名 地域分析法(含実習)
教員名 江口 誠一
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 現地調査結果の分析と報告
授業のねらい・到達目標 前期科目「野外調査法(含実習)」の現地調査で得られた成果を発表し、報告書にまとめることで、地域研究の基礎的かつ具体的な技能を習得する。
授業の方法 各グループが現地調査で得たデータを整理・分析して、その成果を発表・討議しながら進める。区切りとして、秋期の学術研究発表会で発表し、報告書を作成する。
履修条件 本年度前期科目「野外調査法(含実習)」(江口担当)の履修
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の作業内容について確認して理解した後、次回の計画を立てて事前に図書館などの資料の所在を把握しておく。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法についての解説)
2調査結果のまとめ方
3データの整理(結果内容を理解しておく)
4データの分析(データ内容を理解しておく)
5データの解釈(分析内容を理解しておく)
6序盤の成果発表と討論(データ解釈法を理解しておく)
7中盤の成果発表と討論(発表内容を理解しておく)
8終盤の成果発表と討論(発表内容を理解しておく)
9補足資料の収集(発表内容を理解しておく)
10補足資料の分析(補助資料を理解しておく)
11補足資料の解釈(分析内容を理解しておく)
12報告書の検討(解釈内容を理解しておく)
13報告書の構成(報告内容を理解しておく)
14報告書の執筆(構成内容を理解しておく)
15これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 木曜日18~19時、8号館5階505研究室
備考 秋期の学術研究発表会で発表する。

このページのトップ