文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地域分析法(含実習)
日本大学ロゴ

地域分析法(含実習)

このページを印刷する

科目名 地域分析法(含実習)
教員名 任 海
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 現地調査結果の分析と報告の方法を学ぶ
授業のねらい・到達目標 前期科目の「野外調査法(含実習)」における現地調査で入手したデータ等を整理し、分析し、その結果を発表するとともに、報告書を作成する方法を習得する。
授業の方法 各グループが現地調査で入手したデータを分析、考察し、口頭発表する。それらに基づき全体で討論し、最終的には学術研究発表会で発表するとともに、報告書を作成する。分析等では、さまざまな実習をともなう。
履修条件 前期科目の「野外調査法(含実習)」(当科目と同一担当者)の履修者に限る。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業時間以外にも、適宜、研究テーマに関するデータの整理や分析、発表資料の作成などをする必要がある。
授業計画
1ガイダンス:調査結果のまとめ方
2現地調査で入手した資料・データ等のまとめ方
3資料・データ等の整理
4分析結果の発表・討論(1,グループ A ~ C)
5分析結果の発表・討論(2,グループ D ~ F)
6補足資料の収集と分析(1,グループ A ~ C)
7補足資料の収集と分析(2,グループ D ~ F)
8学術研究発表会における報告内容の検討(1,グループ A ~ C)
9学術研究発表会における報告内容の検討(2,グループ D ~ F)
10学術研究発表会においての質問・意見に対する検討
11報告書の作成(1):構成に関する議論
12報告書の作成(2):原稿作成
13報告書の進展度の確認
グループごと発表
14報告書の補足
15総括:報告書の完成
その他
教科書 なし
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(50%)、研究成果の発表(20%)
オフィスアワー 水曜日13:30~14:30 8号館4階A-401号室

このページのトップ