文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地図学
日本大学ロゴ

地図学

このページを印刷する

科目名 地図学
教員名 佐藤 浩
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地図の基本的概念と利用について学ぶ。
授業のねらい・到達目標 地理空間情報の面的・時間的な伝達手段である地図について、地図の概念と種類、作成、利用の仕方を理解する。
授業の方法 講義を中心とするが、適宜、地図を使った作業を行う。最後に総括(試験)を実施する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 次回の授業の内容を、教科書を読んで(範囲は授業内で指定する)予習や作業を行うとともに、受講した授業内容を教科書で復習しておくこと。
・毎回、色鉛筆セットを持参すること。
・毎回、定規を持参すること。
授業計画
1Ⅲ.地図の利用
地図の利用(1):地形図の読図(図式、等高線、土地利用)
2Ⅰ.地図の概念と種類
地図の種類:一般図(地形図)と主題図(地形分類図・土地利用図等)、紙地図と数値地図
3Ⅰ.地図の概念と種類
地図の概念、地図の歴史
4Ⅱ.地図の作成
測地系と地理(図)投影法
5Ⅱ.地図の作成
座標系(1):経緯度座標
6Ⅱ.地図の作成
座標系(2):UTM座標、平面直角座標
7Ⅱ.地図の作成
地図総描と視覚変数
8Ⅱ.地図の作成
主題図の作成(レイアウト、コロプレスマップ、図形表現図、等値線図)
9Ⅱ.地図の作成
地理情報標準
10Ⅲ.地図の利用
地図の利用(2):地形図とGIS、図上計測(距離、面積)
11Ⅲ.地図の利用
地図の利用(3):国勢調査データと統計地図、メッシュマップの作成
12Ⅲ.地図の利用
地図の利用(4):統計地図の読図(分布傾向)
13Ⅳ.地図の未来
国土数値情報、基盤地図情報、国土基本情報、電子国土基本図、電子地形図、ナビゲーション、Web地図
14授業内試験(理解の達成度の把握)と振り返り。内容の解説を行うため、途中退室を認めない。
15第1回から第14回までの講義内容について質疑応答を行う。
その他
教科書 中川雅史 『絵でわかる地図と測量』 講談社 2015年
・特に教員が断らない限り、教科書を毎回、持参すること。
参考書 政春尋志  『地図投影法』 朝倉書店 2011年 第1版
成績評価の方法及び基準 試験(50%)、授業参画度(20%)、地図を使った作業の取組(30%)
オフィスアワー 木曜日:13時20分~13時50分、8号館5階A-508号室

このページのトップ