文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学の基礎2
日本大学ロゴ

地理学の基礎2

このページを印刷する

科目名 地理学の基礎2
教員名 藁谷 哲也
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 地理学の研究分野と成果
授業のねらい・到達目標 自然地理学と人文地理学における研究対象と研究分野を整理して理解するとともに、その具体的な分析視点と研究成果に基づく知識を学ぶ。
授業の方法 資料,プロジェクター,ビデオなどを利⽤して講義形式で進める。メディア授業では,学内共通LMS(学習管理システム)のBlackboard を利⽤し,質疑応答およびフィードバックを⾏う。
履修条件 地理学科で受講調整を行う。
地理学の基礎1を履修していること。
地理学科以外の学生で、社会科・地理歴史科の教員免許状を取得するために地理学科の科目を履修する者は、この科目を必ず履修すること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業中に指示した内容に関するキーワードについて、その意味と具体的な事例を、各自調べて記録し、理解するように努めること。
講義で利用する資料は,学内共通 LMS(学習管理システム)のBlackboardを通じて事前にダウンロードし,印刷しておくこと。
授業計画
1講義概要説明(系統地理学)
[準備]前期に学習した地理学の基礎1の内容を復習しておくこと。
2自然地理学の対象と諸分野
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
3地形学の基礎知識(地形の分類と特徴)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
4気候学の基礎知識(気候要素と気候因子)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
5植生学・土壌学の基礎知識(環境、地域特性としての植生・土壌)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
6自然地理学の研究方法とスキル
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
7自然地理学における地域研究(自然地理学研究の具体的事例)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
8人文地理学の対象と諸分野
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
9経済地理学の基礎的知識(農業・鉱工業・商業地域の成立)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
10社会地理学の基礎的知識(人口現象と村落・都市地域の社会)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
11文化地理学の基礎的知識(文化の地域性と風土)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
12人文地理学の研究方法とスキル
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
13人文地理学における地域研究(人文地理学研究の具体的事例)
[準備]Blackboardにアップした資料に目を通しておくこと。
14講義内容の理解度の確認テストとその解説
[準備]これまでの講義内容を復習しておくこと。
15まとめ(これまでの復習・解説を行い,授業の理解を深める)
[準備]これまでの講義内容を復習しておくこと。
その他
教科書 使用しない。適宜,プリントや資料を配付する。
参考書 マシューズ&ハーバート 『地理学のすすめ』 丸善出版 2015年 第1版
内田和子・寄藤昂 編 『 地理学演習帳 』 古今書院 2010年
授業中にも紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
成績は,テストの結果と授業参画度を総合して講義内容の理解度を判定し,評価します。テストは授業内に⾏う予定です。また,授業参画度は講義に対する積極的な取り組みを評価します。したがって,講義内容に対する質問や意⾒をするようにしてください。なお,課題レポートを提出してもらうことがあります。
オフィスアワー 金曜日6時限目、場所は8号館4階A-406研究室。事前連絡すること。
備考 本講義に関する連絡は、授業時もしくは地理学科掲示板(1年生欄)にて行う。

このページのトップ