文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究1
日本大学ロゴ

地理学課題研究1

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究1
教員名 佐藤 浩
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 研究課題の設定と研究方法を学ぶ
授業のねらい・到達目標 4学年の卒業論文作成に向けた、地理的思考の試行錯誤の中から萌芽的な調査能力の伸長を図る。ゼミ生が興味を抱いている内容をなるべく卒業論文の内容に結びつけられるように指導するが、学生も自主的な学びからその内容を柔軟に変更できるようにすることを可能とし、また、それを許容しつつ、史資料や文献収集の収集能力及び精読能力を伸ばす。
授業の方法 ゼミ生が興味を抱いている国内・海外の各地域におけるさまざまな地理的特徴について、なぜ自らがそれに興味を抱くようになったのか、また、その興味を抱いている内容は何なのか、その内容が地理学的な思考や考察とどう絡み合っていくのか気づかせるとともに、教員の助言を得てさらにその興味を深めて史資料や文献を知り、収集し、報告することを基本とする。ゼミナール形式、すなわち交代でゼミ生に各回2人程度の割合でパワーポイント等を用いた報告を求める形式を採るとともに、その報告内容を全員で検討し、議論する。
履修条件 履修要覧に記載の条件を確認のこと
事前学修・事後学修,授業計画コメント 次回の授業で報告する内容に関わる論文を当番のゼミ生が予告し、その論文を次回までにゼミ生全員が精読することをもって予習に替える。授業内の検討や議論に応じて、ゼミ生全員が授業後に、教員のコメントや検討結果を自らノートにまとめることをもって復習に替える。
授業計画
1研究テーマ・研究対象地域の決め方について講義する。
2第1回研究発表:研究テーマ・研究対象地域の検討
3第1回研究発表:研究テーマ・研究対象地域の検討
4第1回研究発表:研究テーマ・研究対象地域の検討
5第1回研究発表:研究テーマ・研究対象地域の検討
6第2回研究発表:既存の研究成果の整理
7第2回研究発表:既存の研究成果の整理
8第2回研究発表:既存の研究成果の整理
9第2回研究発表:既存の研究成果の整理
10第3回研究発表:現地調査計画の発表
11第3回研究発表:現地調査計画の発表
12第3回研究発表:現地調査計画の発表
13第3回研究発表:現地調査計画の発表
14夏季休暇中行動計画の作成(1)
15夏季休暇中行動計画の作成(2)
その他
教科書 井上公夫・向山 栄 『土砂災害の地形判読実例問題 初・中級編 (ISBN978-4-7722-5207-2)』 古今書院 2007年
実習に利用する。
参考書 講義中に適宜、紹介する
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業参画度(50%)、授業中の討論への積極性(30%)
オフィスアワー 木曜日:13時20分~13時50分、8号館5階A-508号室

このページのトップ