文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究1
日本大学ロゴ

地理学課題研究1

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究1
教員名 佐野 充
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 都市・地域空間の調査と分析のための基礎力養成
授業のねらい・到達目標 “歴史と文化を活かしたまちづくり”“快適な生活環境整備と地域資産としての景観形成””都市を活性化させる都市観光と地場産業”を主要テーマに、都市・地域空間分析のための調査方法・分析技術能力を”エクセルによる統計データ処理・GISソフト(MANDARA/arcGIS)によるデジタル地図作成”技術を習得する。
授業の方法 研究のテーマ・目的に基づき、各種の調査方法や統計分析技術の習得、文献検索・解題、論文作成法を習得させる。講義・ゼミナール方式による。
履修条件 ①2年終了時までに50単位以上修得していること。②1年次必修専門科目の指定科目とほかの科目を合わせて、5科目以上を修得していること。③2年次必修専門科目中4科目以上を修得していること。④①から③のほかにも付帯条件がある。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 卒業研究のためにの基本的調査法とデータ処理法を学ぶ。事前に,自ら授業に先駆けてテキストを用いて自習しておくこと。
授業計画
1ガイダンス;ゼミナールの進め方
2地域空間分析の導入部Ⅰ;“あらためて、地域とは何か”(文献検索・解題)
3地域空間分析の導入部Ⅱ;“地域の捉え方”(文献検索・解題)
4地域空間分析の導入部Ⅲ;“あなたにとっての地域空間分析の方法はどれか”(研究方針)
5地域統計処理法の基礎Ⅰ;記述統計学―標準偏差から標準正規分布まで―
6地域統計処理法の基礎Ⅱ;推計統計学―母集団と標本― (データ入力の実践)
7地域統計処理法の基礎Ⅲ;推計統計学―標本統計量の分布― (データ処理の実践)
8地域統計処理法の基礎Ⅳ;統計的検定―標本の検定― (データ処理の実践);RESAS活用
9地域統計処理法の基礎Ⅴ;EXCEL多変量解析―相関分析・主成分分析・重回帰分析― GIS図化作業
10地域統計処理法の基礎Ⅵ;EXCEL多変量解析―因子分析・クラスター分析―  GIS図化作業
11アンケート調査法の基礎Ⅰ;アンケート調査用紙の設計
12アンケート調査法の基礎Ⅱ;アンケート調査・分析ソフトの活用1(EXCEL対応版)
13アンケート調査法の基礎Ⅲ;分析ソフトの活用2(EXCEL対応版)
14研究に用いる調査方法・分析技術の選択;モデル分析
15総括;夏休み中の地域調査のために研究計画を立てる
その他
教科書 菅民郎 『EXCELで学ぶ多変量解析入門−Excel2013/2010対応版−』 オーム社 2013年
石村貞夫・加藤千恵子・劉晨 『Excelによるアンケート処理』 東京図書 2009年
参考書 米谷 学 『EXCEL統計学入門』 オーム社 2016年
後藤 真太郎,‎ 酒井 聡一,‎ 坪井 塑太郎,‎ 加藤 一郎,‎ 谷 謙二  『MANDARAとEXCELによる市民のためのGIS講座』 古今書院 2013年 第3版
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(40%)、データ処理・GIS地図作成の成果(20%)
提出成果物による評価。
オフィスアワー 金曜日13時~14時30分(地理学研究室)
備考 夏休みに研究対象地域の第1回予備調査を実施すること。

このページのトップ