文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究2
日本大学ロゴ

地理学課題研究2

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究2
教員名 佐野 充
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 都市・地域空間分析のための調査法・分析法の確立
授業のねらい・到達目標 歴史と文化を活かしたまちづくり”“快適な生活環境整備と地域資産としての景観形成””都市を活性化させる都市観光と地場産業”を主要テーマに、都市・地域空間分析のための調査法の習得と卒業研究の方向性を明確にする。実践的な調査分析技術能力を”エクセルによる統計データ処理・GISソフト(MANDARA/arcGIS)によるデジタル地図作成”によって向上させる。
授業の方法 研究のテーマ・目的に基づき、各種の調査方法や統計分析技術の習得、文献検索・解題、論文作成法を習得させる。講義・ゼミナール方式による。EXCELによる統計処理ソフトとGISソフトを活用する。
履修条件 ①「地理学課題研究1」を修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 卒業研究のための調査法・分析法を学ぶ。授業に先駆けて,自らテキストを用いて自習しておくこと。
授業計画
1ガイダンス;研究計画の立案について
2アンケート調査入門Ⅰ;アンケートの計画(アンケート表作成)
3アンケート調査入門Ⅱ;アンケートの準備
4アンケート調査入門Ⅲ;アンケートの実施
5アンケート調査入門Ⅳ;アンケートの集計(クロス集計表)
6アンケート調査入門Ⅴ;アンケートの解析(分割集計表) GISソフトによる図化作業
7収集データの分析Ⅰ;EXCEL統計による表計算ソフト・統計ソフトの活用
8収集データの分析Ⅱ;EXCEL統計による表計算ソフト・統計ソフトの活用  GISソフトによる図化作業
9コンジョイント分析Ⅰ;ターゲットの好き嫌いに関する要因の選び方、アウトプットの読み方
10コンジョイント分析Ⅱ;コンジョイント分析による重要度の推計
11マーケティングリサーチ入門Ⅰ;データ分析に必要な視点・発想
12マーケティングリサーチ入門Ⅱ;意味ある情報の分析・抽出
13個別研究テーマへの適用Ⅰ;導入計画立案
14個別研究テーマへの適用Ⅱ;個別研究における調査法・分析法の確立
15総括:個別研究における調査法・分析法のゼミ生相互の評価
その他
教科書 菅民郎 『らくらく図解アンケート分析教室』 オーム社 2007年
参考書 菅民郎 『EXCELで学ぶ多変量解析入門−Excel2013/2010対応版−』 オーム社 2013年
菅民郎・土方裕子 『すぐに使える統計学』 ソフトバンククリエイティブ 2009年
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(40%)、フィールドワークの成果(30%)
提出成果物による評価。
オフィスアワー 金曜日13時~14時30分地理学研究室
備考 各回の課題について、個別研究テーマに沿ったレポートの作成と口頭発表をすること。

このページのトップ