文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究1
日本大学ロゴ

地理学卒業研究1

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究1
教員名 佐野 充
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地域・都市空間に関する卒業研究論文の作成
授業のねらい・到達目標 個別の研究テーマに基づいた都市空間分析をおこなう。地域調査のための調査法・分析法を習得させ、研究成果を地理学論文にまとめさせる。EXCELを用いた統計データ処理とGISソフトを活用したデジタル地図作成による図表作成を基本とする。
授業の方法 ゼミナール方式による。
履修条件 ①総単位数90単位以上を修得していること。②「地理学課題研究1」「地理学課題研究2」を修得していること。③「野外調査法(含実習)を修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各回の授業内容を円滑に進めるために、各人の調査・研究成果を随時提示できるようにしておくこと。
授業計画
1ガイダンス;卒業研究の進め方
2事前調査Ⅰ;研究方針の再検討
3事前調査Ⅱ;調査地域の決定 (予察地図の作成・基本統計データの処理・整理)
4事前調査Ⅲ;文献研究の仮まとめ  文献データベース作成
5文献解題Ⅰ;主要文献の紹介1   文献データベース作成
6文献解題Ⅱ;主要文献の紹介2   文献データベース作成
7文献解題Ⅲ;主要文献の紹介3   文献データベース作成
8個別発表Ⅰ;論文のフレームワークについての発表と討議1  研究対象地域図(GIS図)提示
9個別発表Ⅱ;論文のフレームワークについての発表と討議2  研究対象地域基本統計(EXCEL統計処理)提示
10個別発表Ⅲ;論文のフレームワークについての発表と討議3
11論文章立;第1回章立の検討
12調査対象地域・調査項目の最終決定
13予備調査;本調査実施計画の調整・計画立案
14本調査前調整;ゼミ生相互による本調査実施計画の評価・問題点の抽出
15本調査前総括:ゼミ生相互による本調査実施計画の再立案
その他
教科書 使用しない。
参考書 随時、進度に合わせて紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
口頭発表と提出成果物による予備的評価
オフィスアワー 金曜日13時~14時30分(地理学研究室)
備考 予備調査は、夏休みから随時行われる本調査を目指して実施されるものである。

このページのトップ