文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究2
日本大学ロゴ

地理学卒業研究2

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究2
教員名 佐野 充
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 地域・都市空間に関する卒業研究論文の作成
授業のねらい・到達目標 個別の研究テーマに基づいた都市空間分析を行う。地域調査のための調査法・分析法を習得させ、研究成果を地理学論文にまとめさせる。EXCEL統計データ処理とGISデジタル地図作成による論文図表の作成を基本とする。
授業の方法 ゼミナール方式による。適正かつ綿密な調査スケジュールのもとに現地本調査を実施し、分析・評価を実行し、成果物としての地理学論文を完成させる。
履修条件 ①「地理学卒業研究1」を修得していること。②「野外調査法(含実習)」を修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各回の授業内容を円滑に進めるために、各人の調査・研究成果を随時提示できるようにしておくこと。
授業計画
1調査報告会Ⅰ;夏休みに実施した本調査の調査結果報告1
2調査報告会Ⅱ;夏休みに実施した本調査の調査結果報告2
3収集データの整理;アンケート結果の整理と収集データの集計・整理・分析 EXCEL対応アンケートソフトの活用
4収集資料の整理;資料の分類・分析・評価
章立;第2回章立検討
5補充調査;不足データ・資料・情報の補充
6収集データ・資料の整理分析  EXCEL統計処理とGISデジタル地図作成
7中間報告会Ⅰ プレゼンテーション能力の開発
8中間報告会Ⅱ プレゼンテーション能力の開発
9最終的論文構成の評価
10図・表の評価  統計表現能力とデジタル地図の表現力の評価
11文献研究の最終まとめ データベースの整理
12草稿の発表Ⅰ プレゼンテーション能力の開発
13草稿の発表Ⅱ プレゼンテーション能力の開発
14論文完成(修正・調整)
15論文の講評会
その他
教科書 使用しない。
参考書 随時、進度に合わせて紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(50%)、卒業研究成果論文(50%)
口頭発表と提出成果物による総合的評価(卒業論文による評価)
オフィスアワー 金曜日13時~14時30分(地理学研究室)
備考 卒業論文提出は、地理学研究室である(提出期限厳守)。
論文はPublisherを用いて作成するレベルまで達することが望ましい。

このページのトップ