文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究2
日本大学ロゴ

地理学卒業研究2

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究2
教員名 佐藤 浩
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 防災地理情報や地理情報技術を利用した卒業論文の作成
授業のねらい・到達目標 学生が設定した地理学に関する研究課題に対して、GISを利用して防災関連など各種の主題図を作成するとともに、GISの空間分析機能を用いた研究を進め、地理情報技術を利用して調査・分析を行う能力を養う。また、研究成果を日本大学地理学会秋季学術大会や卒業論文発表大会で発表するため、プレゼンテーション(口頭発表)の方法や、卒業論文を作成するための論文の書き方などを学び、プレゼンテーションの能力、論文を作成する能力を養う。
授業の方法 学生が研究課題についての調査・分析を進めるとともに、進行状況や研究成果について発表を行い、それにもとづく質疑応答や討論を通じて、研究の問題点や今後の研究の進め方、研究結果の考察などを検討するゼミナール形式で行う。さらに、研究成果をプレゼンテーションする方法や、卒業論文を作成する方法を講義する。
履修条件 「地理学卒業研究1」を修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 卒業論文を書くために、研究課題に関する調査・分析を行うとともに、その内容や成果などを文章にまとめること。また、プレゼンテーションのためのファイル作成や発表原稿の作成などの準備をすること。順番を決めて授業内で成果を発表してもらうが、直前になって慌てないように、日ごろから研究を進めておくこと。
授業計画
1夏季休業中の研究成果の発表と今後の研究の検討(1):現地調査の内容の吟味と点検
2夏季休業中の研究成果の発表と今後の研究の検討(2):現地の再調査の指示
3夏季休業中の研究成果の発表と今後の研究の検討(3):GISによるまとめの方向性の検討
4研究課題についてのGISによる主題図の作成と空間分析(1):対象地区の索引図の作成
5研究課題についてのGISによる主題図の作成と空間分析(2):収取したデータの地図表示の検討
6研究課題についてのGISによる主題図の作成と空間分析(3):重ね合わせによる主題図の分析
7研究課題についてのGISによる主題図の作成と空間分析(4):空間分析の出力結果の検討
8研究内容の発表と口頭発表の方法(1):研究内容と意義に関わるスライドの準備
9研究内容の発表と口頭発表の方法(2):研究対象地域と研究の方法に関わるスライドの準備
10研究内容の発表と口頭発表の方法(3):研究の結果に関わるスライドの準備
11卒業論文の形式とまとめ方、考察,結論の作成と章構成の検討
12考察,結論の作成と章構成の修正
13考察,結論の作成と新たな章の追加
14卒業論文の進展度の確認
15これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める。
その他
教科書 なし
参考書 参考書、参考文献などについては、授業中に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(75%)、授業参画度(5%)、発表内容(20%)
オフィスアワー 木曜日:13時20分~13時50分、8号館5階A-508号室

このページのトップ