文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理情報システム(含実習)
日本大学ロゴ

地理情報システム(含実習)

このページを印刷する

科目名 地理情報システム(含実習)
教員名 任 海
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地理情報システム(GIS)の概念、理論および諸機能の実習
授業のねらい・到達目標 社会における諸分野で、GISを使用した地理空間データ分析がいかに有効であるかを理解するとともに、GISソフトウェアのArcMap(ESRIジャパン株式会社)を使用した実習を通じて、GISを使用した地理空間データの取得、処理、分析の方法を学ぶ。
授業の方法 講義と実習
履修条件 開講時に学科で受講調整を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 教科書や配布資料を通じて、事前に、講義内容を学習するとともに、事後には、授業で学んだスキルを受講者各自のテーマに応用することが必要である。
授業計画
1ガイダンス:GISの概念と構成、GISの利用、地図とGIS
2地理空間データの取得(1):基盤地図情報からの取得
準備)国土地理院の基盤地図情報に関するホームページを見ておくこと。
3地理空間データの取得(2):国土数値情報、国勢調査小地域データからの取得、地理空間データの構造
準備)第2回の配布資料と教科書の第4章を読んでおくこと。
4ArcMapによるデジタル地図の表示、ツールの利用
準備)第3回の配布資料を読んでおくこと。
5地図レイヤの処理(1):測地系と投影変換
準備)1年次の地図学で学んだ測地系について復習しておくこと。
6地図レイヤの処理(2):距離と面積の測定
準備)第5回の配布資料を読んでおくこと。
7地図レイヤの処理(3):空間検索と属性検索
準備)第6回の配布資料を読んでおくこと。
8地図レイヤの作成:ポイントレイヤの作成、属性表の編集作業、個別属性の表示
準備)第7回の配布資料を読んでおくこと。
9地図レイヤの処理(4):ジオプロセシング(ディゾルブ、マージ)
準備)第8回の配布資料を読んでおくこと。
10地図レイヤの処理(5):ジオプロセシング(バッファ生成、クリップ)
準備)教科書の第12章を読んでおくこと。
11主題図の作成(1):属性データの入力と結合
準備)教科書の第4章を読んでおくこと。
12主題図の作成(2):クラス分け法を用いた統計地図の作成、地理空間データの視覚化
準備)教科書の第1章と論文のコピーを読んでおくこと。
13主題図の作成(3):地図装飾(凡例、方位、縮尺)、主題図のエキスポート
準備)地理の高校教科書の主題図についてを読んでおくこと。
14理解度の確認
準備)授業で配布した資料を読んで、GISを使用した地理空間データの取得、処理、分析の方法を復習しておくこと。
15総括:これまでの復習・解説を行い,授業の理解を深める
その他
教科書 高阪宏行・関根智子 『GISを利用した社会・経済の空間分析(修正版)』 古今書院 2007年 第2版
資料、論文のコピーを授業で配布する。
参考書 授業で適宜、紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(30%)、GIS技術の習得状況(20%)
オフィスアワー 水曜日13:30~14:30 8号館4階A-401号室

このページのトップ