文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 日本地誌
日本大学ロゴ

日本地誌

このページを印刷する

科目名 日本地誌
教員名 井村 博宣
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 日本の自然と生活や産業を学ぶ
授業のねらい・到達目標 本講義では、世界における日本の位置付け、国内における地域性を確認した後、全国を一般的な7地方(北海道、東北、関東など)に区分し、それぞれの地方の特色について、自然と生活や産業などとの関係に留意しながら、生態的に解説する。なお、具体的に取り上げる地域と事象については、担当者の研究成果を踏まえ、とくに水条件に着目して精選する。
授業の方法 授業は講義形式にて行う。板書と配付資料に、地域的特性を理解しやすいようPCプロジェクターによる現地の写真等を教材に加えて解説する。なお、配布資料は当該授業時にのみ配布する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業内容に関するキーワードについて、事前に関連する文献等で調べるとともに、事後には具体的な事例を通して、理解しておくこと。わからないことを放置せず、まずは自ら調べること。
授業計画
1「地誌学」・「日本地誌」とは
2日本の国土と位置
3地形
4気候
5人口と文化
6生活と産業
7北海道地方(泥炭地と酪農)
8東北地方(三陸海岸の村落)
9関東地方(江戸・東京の発達)
10中部地方(甲府盆地の治水)
11近畿地方(琵琶湖と人々の生活や産業)
12中国四国地方(瀬戸内と南四国の生活と産業)
13九州地方(有明海周辺と南西諸島の水利用)
14理解度の確認と解説
15講義内容の復習・解説による理解度の深化
その他
教科書 使用しない。適宜,プリントや資料を配付する。
参考書 その都度、授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 時間は木曜日の12:30~13:30、場所は8号館5階A-506研究室とする。
備考 ①資質向上のため手書きのノートを推奨し、板書の撮影等は禁止する。
②本講義に関する連絡は、授業時もしくは地理学科掲示板(2年生欄)にて行う。

このページのトップ