文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 野外調査法(含実習)
日本大学ロゴ

野外調査法(含実習)

このページを印刷する

科目名 野外調査法(含実習)
教員名 井村 博宣
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地域調査の進め方を学ぶ
授業のねらい・到達目標 地理学課題研究・地理学卒業研究を行う前段階として、人々の生活と産業や地域の特色について生態的に捉え分析するため、必要なデータをフィールドワーク(現地調査)等により入手する基本的な調査能力を培う。
授業の方法 受講生を研究テーマに基づいて小グループに分け、それぞれの事前調査した成果を発表し全体で討論する。なお授業は、個別テーマ毎のグループ単位で実施するが、作業が均等になるように各自の分担を決め、一人ひとりが主体的に実習できるように工夫する。
履修条件 ①学科で受講調整を行う。
②井村担当「地域調査分析法」の履修者に限る。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 夏季休暇中に3泊4日の現地調査(巡検)を実施する。授業実施回の内容に基づく、事前準備(研究テーマに関する文献・資料・データ・地図など)をグループごとにすること.
授業計画
1ガイダンス:調査地域の概要
2研究テーマの選定とグループ分け
3文献・基礎データの収集方法
4文献に基づく発表と討論(1)  グループA・B・C
5文献に基づく発表と討論(2) グループD・E・F
6基礎データに基づく発表と討論(1) グループA・B・C
7基礎データに基づく発表と討論(2) グループD・E・F
8現地調査計画の討論(1) グループA・B・C
9現地調査計画の討論(2) グループD・E・F
10現地調査に関わる資料の収集(1) グループA・B・C・D・E・F
11現地調査に関わる資料の収集(2) グループA・B・C・D・E・F
12現地調査に関わる資料の整理(1) グループA・B・C・D・E・F
13現地調査に関わる資料の整理(2) グループA・B・C・D・E・F
14現地調査用ハンドブックの作成(1) グループA・B・C・D・E・F
15現地調査用ハンドブックの作成(2) グループA・B・C・D・E・F
その他
教科書 使用しない。
参考書 その都度、授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(40%)、授業参画度(20%)
オフィスアワー 時間は木曜日の16:30~17:30、場所は8号館5階A-506研究室とする。
備考 ①資質向上のため手書きのノートを推奨し、板書の撮影等は禁止とする。
②本講義に関する連絡は、授業時もしくは地理学科掲示板(2年生欄)にて行う。

このページのトップ