文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 野外調査法(含実習)
日本大学ロゴ

野外調査法(含実習)

このページを印刷する

科目名 野外調査法(含実習)
教員名 任 海
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地理学における野外での地域調査の方法を学ぶ
授業のねらい・到達目標 地理学課題研究、地理学卒業研究を行う前段階として、地域におけるさまざまな現状と課題を分析するための方法や、野外での地域調査の能力を習得する。
授業の方法 研究テーマに基づいてグループに分け、それぞれのグループが事前に調査・実習を行い、それらの成果や現地調査の計画などを発表し討議する。また、夏季休業中に野外で地域調査を3泊4日で実施する。
履修条件 後期の「地域分析法(含実習)」を履修すること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 研究テーマに関する文献、資料、データを用意すること。
授業計画
1ガイダンス:調査地域の概要
2研究テーマの選定とグループ分け
3文献・資料・データの収集方法
4文献(従来の研究)のまとめと発表(1,グループ A ~ C)
5文献(従来の研究)のまとめと発表(2,グループ D ~ F)
6資料・データに基づく地域概要と研究テーマに関する発表(1,グループ A ~ C)
7資料・データに基づく地域概要と研究テーマに関する発表(2,グループ D ~ F)
8現地調査の方法の討論(1)
9現地調査の方法の討論(2)
10現地調査に関わる資料の収集(1)
11現地調査に関わる資料の収集(2)
12調査計画書の作成(1)
13調査計画書の作成(2)
14研究テーマの進展度と現地調査計画の確認
15総括:野外調査の準備と説明
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(70%)
オフィスアワー 水曜日13:30~14:30 8号館4階A-401号室

このページのトップ