文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 生態史論
日本大学ロゴ

生態史論

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 生態史論
教員名 江口 誠一
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 古環境を復原するための基礎
授業のねらい・到達目標 過去の環境を復原した研究や方法を学ぶことにより、その新たな課題への対処法を導き出せることを目標とする。
授業の方法 配付資料を説明するとともに、演習問題を課しながら進める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回配布した資料について復習した後、事前に関連する情報を図書館など調べ把握しておく。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法についての解説)
2地形の変化(全体の内容を理解しておく)
3地質層序(地形変化を理解しておく)
4堆積環境(地質層序を理解しておく)
5年代測定法の種類(堆積環境を理解しておく)
6年代測定の事例(年代測定を理解しておく)
7化石の種類(年代測定方法を理解しておく)
8植物化石(化石全般を理解しておく)
9動物化石(植物化石を理解しておく)
10古環境復原の事例(動物化石を理解しておく)
11化石の形成過程(古環境復原を理解しておく)
12人と植物の関わり史(化石形成を理解しておく)
13学習内容の整理(人と植物の関係を理解しておく)
14第2回目から第13回目までの授業内容について質疑応答を行う
15授業内試験とその解説
その他
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 火曜日18~19時、8号館5階505研究室

このページのトップ