文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 測量学実習
日本大学ロゴ

測量学実習

このページを印刷する

科目名 測量学実習
教員名 佐藤浩
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 国土地理院において測量政策の実務に従事した経験を踏まえ、水準測量、基準点測量を主とした実習を行う。
授業のねらい・到達目標 水準測量のためのオートレベル、電子レベルの取扱、基準点測量のためのトータルステーションの取扱に慣れるとともに、精度管理の方法を習得できます。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 校内での実習を主体とする。実習のほか期末にレポート(基準点測量の結果を図化)を課する。
履修条件 前期の「測量学」とは連動しない。「測量学」の単位が認定されなかった者でも履修は可能である。抽象的な議論より具体的な実践に基づくため、測量に関わるイメージが、よりつかみ易いであろう。
授業計画
1水準測量(1)(原理と測量方法、観測手簿の整理方法の説明)
【事前学習】シラバスを読むこと。
【事後学習】教科書のpp.26-27を読んで誤差の要因を理解すること。
2水準測量(2)(標尺の読み方)
【事前学習】教科書のpp.28-29を読んで内容を把握するとともに作業手順を確認すること。
【事後学習】教科書のpp.28-29を読んで最確値と残差の概念を理解すること。
3水準測量(3)(オートレベルによる往測量)
【事前学習】教科書のpp.48-49を読むとともにWebでオートレベルの内部機構を確認すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、教科書のpp.49-50を読み前視と後視を理解すること。
4水準測量(4)(オートレベルによる復測量)
【事前学習】教科書のpp.50-51を読んで往路と復路の観測の冗長性を確認すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、教科書のpp.27-28とpp.50-51を読んで往復誤差を理解すること。
5水準測量(5)(オートレベルによる観測手簿の整理と精度評価;必要に応じて再測)
【事前学習】教科書のpp.52-53を読んで水準測量の定誤差の発生要因を把握すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、教科書のpp.52-53を読んで水準測量の定誤差の消去(相殺)方法の種類と特徴を理解すること。
6水準測量(6)(電子レベルによる往復測量)
【事前学習】教科書のpp.48-49を読むとともにWebで電子レベルを確認し、何が「電子」でどのような特徴があるか確認すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに教科書のpp.49-50を読み、電子レベルに使われる標尺の特徴を理解すること。
7水準測量(7)(電子レベルによる観測手簿の整理と精度評価;必要に応じて再測)
【事前学習】教科書のpp.50-51を読んで往路と復路の観測の冗長性を確認すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、教科書のpp.27-28とpp.50-51を読んで往復誤差の各点への配分方法を理解すること。
8基準点測量(1)(原理と測量方法、観測手簿の整理方法の説明)
【事前学習】教科書のp.33を読むとともにYou Tubeなどの動画サイトにアップされている測量器械の求心(致心)方法を把握すること
【事後学習】測量器械の求心(致心)が実習で効率的に行えなかった理由をYou Tubeなどの動画サイトを見て学ぶこと。
9基準点測量(2)(トータルステーションによる測量、倍角差・観測差の計算方法の説明)
【事前学習】教科書のpp.34-35を読んで,従来のトランシット(セオドライト)と異なりなぜトータルステーションで距離が計測できるのか内容を把握すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、教科書のpp.35-36を読みトータルステーションの3軸の周りの回転とその機構を理解すること。
10基準点測量(3)(トータルステーションによる測量、ミラーポール利用上の注意喚起)
【事前学習】教科書のpp.37-38を読み、トータルステーションの3軸の周りの回転に起因する定誤差と、それ以外の偶然誤差を把握すること
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、観測を踏まえて、教科書のpp.37-38に記載の定誤差の消去(相殺)方法を理解すること。
11基準点測量(4)(トータルステーションによる測量、プリズム利用上の注意喚起)
【事前学習】教科書のp.39を読み水平軸誤差とその消去(相殺)方法を把握すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、水平軸誤差に起因する観測値の異常を推定すること。-
12基準点測量(5)(トータルステーションによる測量、観測手簿の点検;必要に応じて再測)
【事前学習】教科書のpp.38-39を読み正反観測の手順を確認すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、正反観測から倍角と較差の計算方法を学ぶこと。
13基準点測量(6)(トータルステーションによる観測手簿の整理;必要に応じて再測)
【事前学習】教科書のpp.40-41を読み対回観測の意味を把握すること。
【事後学習】観測手簿を整理するとともに、対回観測の必要観測数にどのような決まりがあるかWebで調べよ。また、鉛直軸誤差がなぜ消去できないのか推定すること。
14基準点測量(7)(トータルステーションによる観測手簿の整理;必要に応じて再測)
【事前学習】配布プリントを参考に距離と角度から緯距・経距の計算内容を把握すること。
【事後学習】配布プリントを参考に距離と角度から緯距・経距の計算方法を理解すること。
15基準点測量(8)(基準点座標の図化)
【事前学習】観測手簿に基づいて緯距・経距を計算すること。
【事後学習】緯距・経距から基準点の座標値を算出して縮尺し、基準点配点図を図化すること。
その他
教科書 1年生の「地図学」で購入した教科書をそのまま利用する。
参考書 大杉和由・福島博行ほか 『測量入門』 実教出版 2014年
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(20%)、測量機器操作の習得状況(30%)
授業参画度は、授業で適宜与える課題の提出状況や実習の参加回数、そして取組の熱意(積極的に測量器材の設置や目盛の読定に関わったか)に基づき評価する。実習には必ず参加すること。
オフィスアワー 8号館5階A-508号室
前期: 木曜日 10:10~10:50
後期: 水曜日 13:00~14:00

このページのトップ