文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 自然資源論
日本大学ロゴ

自然資源論

このページを印刷する

科目名 自然資源論
教員名 江口誠一
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 資源利用の地域的展開について、様々な例を通して講義する。また学芸員経験をもとに、地域の資源利用の考え方を説明する。
授業のねらい・到達目標 特に有用植物の利用形態と変遷を中心に取り上げ、地域に根ざした資源利用を評価できる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 配付資料を説明するとともに、演習問題を課しながら進める。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:授業のテーマや到達目標及び授業の方法についての解説
【事前学習】シラバスを確認しておく
【事後学習】全体のテーマを理解する
2地域に根ざした資源利用
【事前学習】資源の定義を確認しておく
【事後学習】資源利用を理解する
3関東地方の水田稲作
【事前学習】水田について確認しておく
【事後学習】稲作を理解する
4二次林の利用
【事前学習】遷移を確認しておく
【事後学習】二次林の位置づけを理解する
5木材構造
【事前学習】樹木を確認しておく
【事後学習】木材構造を理解する
6身近な木材利用
【事前学習】木材構造を確認しておく
【事後学習】木材利用の概要を理解する
7樹種選択のための木材性質
【事前学習】樹種を理解しておく
【事後学習】樹種選択とその性質を理解する
8木炭の特性と種類
【事前学習】木炭を確認しておく
【事後学習】木炭の種類を理解する
9木炭の利用方法
【事前学習】木炭の種類を確認しておく

【事後学習】木炭利用を理解する
10地域特性の見られる炭生産
【事前学習】炭生産を確認しておく
【事後学習】地域の炭を理解する
11茅場とその利用
【事前学習】ススキを確認しておく
【事後学習】茅場を理解する
12里山の生物
【事前学習】里山の定義を確認しておく
【事後学習】水生生物を理解する
13里地の生物
【事前学習】里地の定義を確認しておく
【事後学習】里山と里地の違いを理解する
14まとめ:これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
【事前学習】学習内容で疑問に思ったことをまとめておく
【事後学習】第2回目から第13回目までの内容を整理する
15試験と解説
【事前学習】第2回目から第13回目までの内容を復習しておく
【事後学習】学修した内容を整理する
その他
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度は,適宜リアクションペーパー等で評価します。
オフィスアワー 火曜日18~19時、8号館5階505研究室

このページのトップ