文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 環境地質学
日本大学ロゴ

環境地質学

このページを印刷する

科目名 環境地質学
教員名 柴原俊昭
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 地質学は個体地球の物性を科学する学問である。その中でも人間生活に関わる地殻を対象とするのが「環境地質学」である。本講義では表層の地盤を対象に、その特徴・形成について学んでいく。特に地質学の基礎的考え方や知識、岩石の分類や生成、台地や低地の形成、地質学の調査方法などについて学んでいく。
授業のねらい・到達目標 現在、人間による自然環境の改変が問題になっているが、そのバックグラウンドとしての地球についての正しい認識が必要である。この授業では地球を中心に生じるさまざまな現象や、身近な生活舞台としての土地について解説する。
 この授業での到達目標として、1)地質学における基本的概念・知識が理解できる。2)私たちの生活舞台としての土地の形成が理解できる。3)地質学と自然災害との関わりが理解できる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 講義形式。必要に応じて授業プリントを配布する。PCプロジェクト、書画カメラを使用する。クリノメーターの実習も行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1地質学の分類、地質学の必要性、授業内容の概説、評価方法の説明
【事前学習】シラバスを事前に確認すること
【事後学習】学修した内容を整理しておくこと
2地球の歴史と地質年代区分
【事前学習】地球の歴史について調べておくこと 
【事後学習】地球の変遷をまとめておくこと。地質年代を覚えること、
3プレート運動と日本列島の地質構造
【事前学習】プレート運動について調べておくこと
【事後学習】授業内容を整理し、まとめておくこと。特に日本列島の地質の特徴について大陸と比較し理解すること。
4地質学の基本原理(地層累重の法則、堆積水平性の法則、初期連続性の法則、切断の放送など)
【事前学習】地質学の基本原理について調べておくこと。
【事後学習】授業内容を整理しまとめておくこと。基本原理を使って地質形成の順番が理解できるようにしておくこと。
5火山活動と火成岩
【事前学習】火山活動について調べておくこと。
【事後学習】火成岩の分類とその特徴について理解しておくこと。
6堆積物環境と堆積岩
【事前学習】堆積岩について調べておくこと。
【事後学習】堆積岩の分類とその特徴について理解しておくこと。
7断層地形
【事前学習】断層について調べておくこと。
【事後学習】地形図から断層を抽出できるようにしておくこと。
8海水面変動と台地の形成
【事前学習】地球の気候変動について調べておくこと。
【事後学習】海水面変動が堆積作用にいかに影響するか理解しておくこと。
9海水面変動と低地の形成
【事前学習】前回の授業内容を整理。まとめておくこと。
【事後学習】低地の形成を理解しておくこと。
10東京の地盤
【事前学習】東京の土地形成を調べておくこと。
【事後学習】東京の地質構成を理解しておくこと。
11地盤と災害
【事前学習】地盤災害について調べておくこと。
【事後学習】地盤と災害の関係について理解しておくこと。
12地質調査の方法
【事前学習】地質調査について調べておくこと。
【事後学習】地質調査の方法についてまとめ、理解しておくこと。
13クリノメーターの使い方
【事前学習】クリノメーターについて調べておくこと。
【事後学習】クリノメーターの使い方を理解しておくこと。
14まとめ(これまでの復讐と解説を行い。理解を深める)
【事前学習】これまでの授業内容をまとめ、疑問点を整理しておくこと。
【事後学習】これまでの授業内容を理解し説明できるようにしておくこと。
15試験と解説
【事前学習】これまでの授業内容を復讐しておくこと。
【事後学習】学修した内容の整理をしておくこと。
その他
教科書 教科書はしようしない。必要に応じてプリント配布する。
参考書 酒井治孝 『地球学入門』 東海大学出版 2003年
鞠子正 『環境地質学入門』 古今書院 2002年
土木学会 『地盤の科学』 講談社 1995年
その他の文献は授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業内テスト(30%)
試験70%、授業内で小テストを行います(30%)
オフィスアワー 質問は授業終了時または電子メールで受付ます。

このページのトップ