文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 都市空間論
日本大学ロゴ

都市空間論

このページを印刷する

科目名 都市空間論
教員名 任海
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 ヨーロッパと中国の都市形成の歴史を明らかにし,都市化の過程や市街地の変化について理解するための基礎的な知識を解説する。また,いろいろな都市的現象,都市問題とその解決の手法を講義する。
授業のねらい・到達目標 都市化の過程や市街地の変化について理解するための基礎的な知識を解説し,グローバルな視点を養いつつ,世界中の都市空間の豊かさを学び,いろいろな現象を認識し,説明できるようになることを目的とする。また,以上の知識で自ら周りの都市空間を考え,未来の都市像を想像し,積極的に街づくりに参画できる能力を身につけることを目的とする。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 プレゼンテーションを中心に講義形式で授業をおこなう。随時,受講生の考えや評価を聞く(授業内課題/提出物)。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 【重要】第1回目の授業(ガイダンス)に必ず出席のこと。

都市地理学を履修していることが望ましい。
授業計画
1ガイダンス:授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する
【事前学習】シラバスの内容を確認する
【事後学習】ブラックボードの確認,次回授業用資料を入手してみる
2都市の起源(都市はいかに成立したか)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】「都市」とよばれる条件を整理する
3古代都市の形成と都市空間1(チグリス・ユーフラテス両河流域,中国黄河流域,ナイル河流域)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】それぞれの地域における都市の成立と歴史をまとめる
4古代都市の形成と都市空間2(ギリシャの自由都市)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】古代ギリシアの都市空間が構成される要素をまとめて詳しく調べる
5中世・近世の都市空間1(ルネッサンスの理想都市)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】理想都市の条件,成立,崩壊についてまとめる
6中世・近世の都市空間2(バロック都市)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】現在におけるバロック都市の分布状況を調べる
7工業都市化と近代の都市空間1(産業都市問題,自由都市)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】日本の産業都市問題を調べてみる
8工業都市化と近代の都市空間2(パリ大改造,田園都市)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】田園都市と大ロンドン計画を学んだ都市を調べる
9現代都市空間の概念と類型1(中心地理論,都市システム)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】中心地理論と商業立地の関係を考える
10現代都市空間の概念と類型2(様々な都市モデル)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】それぞれの都市モデルの共通点を把握してみる
11都市再開発にかかわる諸問題①(都市再開発の歴史)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】アメリカにおける都市再開発の歴史を時間軸で整理する
12都市再開発にかかわる諸問題②(都市再開発の手法と現状)
【事前学習】事前配布資料を確認し,専門用語を調べる
【事後学習】中国における都市再開発の手法を調べる
13都市再開発の事例(中国上海市を例として)
【事前学習】第2回~12回の内容を復習する,配布資料なし
【事後学習】上海市における都市再開発と人口分布の変化について調べる
14授業内理解度確認小テストとその解説
【事前学習】第2回~12回の内容を復習する
【事後学習】小テスト問題を再考する
15講義の総括,質疑応答
【事前学習】講義内容を復習し,質疑問題を整理する
【事後学習】講義の知識を用いて日本の都市空間について考える
その他
教科書 なし
参考書 授業時,進度に合わせて紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(80%)、授業参画度(20%)
授業内テストの完成度や,授業中小レポート,授業への積極的な参加度を加え,総合的に評価する
オフィスアワー 火曜日11:00~12:00 8号館4階A-401号室
備考 必ずノートを自筆し,講義プレゼンと板書の録画は禁止.
撮影がシャッター音がなければ認めますが,授業当日にノートとして整理しましょう。
随時配布資料のチェックを行います。

このページのトップ