文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > ヨーロッパ地誌
日本大学ロゴ

ヨーロッパ地誌

このページを印刷する

科目名 ヨーロッパ地誌
科目名
平成27年度以前入学者
ヨーロッパ地誌
教員名 落合康浩
単位数    2 学年 1~4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 ヨーロッパの自然環境と産業、社会、文化の特色について講義する。また、中学校・高校での授業担当経験を活かして地理教育における地誌の授業の展開について指導する。
授業のねらい・到達目標 現代において世界のスタンダードとなっている社会システムや生活様式の多くは、ヨーロッパにその起源と基礎がある。授業ではそうしたヨーロッパ文化・社会などの特色とその背景を、地誌学的視点により具体的な事例を紹介しながら解説するので、この授業を受講することでヨーロッパの今ある姿を多面的かつ総合的に理解できるようになる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1,DP2及びカリキュラムポリシーCP1,CP2に対応しています。
授業の方法 ヨーロッパに関する地図・資料類や写真などを多数、提示しながら、講義形式で授業を行う。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:ヨーロッパ地域の概要(位置と国々)
【事前学習】シラバスを確認し、ヨーロッパを地図帳でみておく。
【事後学習】ヨーロッパの国の名称とそれぞれの位置を整理・理解する。
2ヨーロッパの自然環境Ⅰ(地形)
【事前学習】ヨーロッパの地形分布を地図帳で確認しておく。
【事後学習】ヨーロッパの地形の成り立ちとそれぞれの特徴を整理・理解する。
3ヨーロッパの自然環境Ⅱ(気候と植生)
【事前学習】ヨーロッパの気候・植生分布を地図帳で確認しておく。
【事後学習】ヨーロッパの気候・植生それぞれの成因と特徴を整理・理解する。
4ヨーロッパにおける民族(言語による民族分類)
【事前学習】ヨーロッパの言語分布を地図帳で確認しておく。
【事後学習】ヨーロッパの言語の違いやそれぞれの特徴を整理・理解する。
5ヨーロッパ文化の背景(その歴史と宗教)
【事前学習】ヨーロッパの歴史の概要を理解しておく。
【事後学習】ヨーロッパの歴史と宗教分布・民族の関係について整理・理解する。
6ヨーロッパ連合(EU)の機構・政策と諸問題
【事前学習】ヨーロッパ連合の加盟国を確認しておく。
【事後学習】ヨーロッパの連合の組織や制度の意義や問題点について考える。
7ヨーロッパの農業Ⅰ(農業生産と農業政策)
【事前学習】ヨーロッパでみられる農業について整理しておく。
【事後学習】農業生産の特徴と農業政策との関係について考える。
8ヨーロッパの農業Ⅱ(農業地域と農産物)
【事前学習】ヨーロッパの農業地域区分の概要を整理しておく。
【事後学習】農業地域と自然環境、農業政策との関係について考える。
9ヨーロッパの農業Ⅲ(農業と食文化)
【事前学習】ヨーロッパ発祥の食材や料理について整理しておく。
【事後学習】農業生産・農産物と食文化との関係性について考える。
10ヨーロッパの鉱工業(資源・工業と都市)
【事前学習】鉱産物と生産と工業発展の歴史について整理しておく。
【事後学習】ヨーロッパにおける工業地域と都市の分布について整理・理解する。
11ヨーロッパの社会Ⅰ(都市の景観と構造)
【事前学習】ヨーロッパの主な都市の分布を地図帳で確認しておく。
【事後学習】都市景観と構造にみられる特徴を整理しその成因について考える。
12ヨーロッパの社会Ⅱ(交通利用の実態)
【事前学習】ヨーロッパの交通施設・路線を地図帳で確認しておく。
【事後学習】交通の形態と利用の特徴について整理・理解する。
13ヨーロッパの社会Ⅲ(環境問題と地域政策)
【事前学習】ヨーロッパの抱える環境問題の概要について理解しておく。
【事後学習】環境問題解消にむけた地域政策とその効果について考える。
14ヨーロッパの地域的特色の整理と理解(質疑と応答)
【事前学習】ここまでの授業で学んできた内容を整理し、疑問・不明点を挙げておく。
【事後学習】質問についての回答を踏まえて理解を深める。
15理解度の確認(授業内試験)と講義内容の総括
【事前学習】これまでの授業内容を整理・理解しておく。
【事後学習】理解度確認作業の中で理解できていなかったことを整理し、理解を深める。
その他
教科書 使用しない。授業中にプリントを配布する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
授業参画度は、授業中の質疑応答や小レポート等の結果を加味して評価します。
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室

このページのトップ