文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究2
日本大学ロゴ

地理学課題研究2

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究2
教員名 落合康浩
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 研究課題を設定し予備的調査を進めるためのゼミナール形式の授業
授業のねらい・到達目標 各自が研究課題を設定し、文献・資料にもとづく検討を加えながら調査地域を選定する。その上で予備的な調査を行うことで、4年次の「卒業研究」で継続するに適した調査方針や調査内容を検討・整理することができる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 各自の研究課題や文献・資料の分析結果等について発表・討論する、ゼミナール形式の授業を行う。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:研究課題と調査地域の展望
【事前学習】研究テーマ・調査地域の概要についてまとめておく。
【事後学習】研究テーマを明確にし、調査地域を展望する。
2ガイダンス:研究課題と調査地域の展望
【事前学習】研究テーマ・調査地域の概要についてまとめておく。
【事後学習】研究テーマを明確にし、調査地域を展望する。
3基礎的資料の分析と結果① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】基礎的資料の分析を行い結果をまとめておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
4基礎的資料の分析と結果② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】基礎的資料の分析を行い結果をまとめておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
5基礎的資料の分析と結果③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】基礎的資料の分析を行い結果をまとめておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
6調査により取得した基本データの分析と考察を行う
【事前学習】調査により取得したデータを整理しておく。
【事後学習】調査で得られた基本データを分析する。
7基本データの分析と考察① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本データの分析を行い考察を進めておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
8基本データの分析と考察② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本データの分析を行い考察を進めておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
9基本データの分析と考察③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本データの分析を行い考察を進めておく。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
10予備的調査とその結果の整理について学ぶ
【事前学習】予備調査を進めておく。
【事後学習】予備調査で得られた結果について分析を進める。
11予備的調査の結果報告① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】予備調査を結果を分析し、まとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
12予備的調査の結果報告② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】予備調査を結果を分析し、まとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
13予備的調査の結果報告③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】予備調査を結果を分析し、まとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を改善し、さらに分析を進める。
14予備調査に基づく地域特性の整理
【事前学習】予備調査データの分析結果をまとめる。
【事後学習】予備調査データの分析結果を踏まえて、考察する。
15まとめ:研究目的と方法、地域概要の整理
【事前学習】予備調査の分析・考察についてまとめる。
【事後学習】分析・考察にもとづいて、ここまでの研究成果をまとめる。
その他
教科書 使用しない。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業における口頭発表の内容、討論への参加状況(40%)、ゼミ活動への参加状況(30%)
レポートは期末における最終レポート
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室
備考 学術研究発表会での発表を予定している。4年生との合同ゼミ(合宿を含む)も開催する。

このページのトップ