文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究1
日本大学ロゴ

地理学課題研究1

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究1
教員名 落合康浩
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 研究方法を学び研究課題について考えるゼミナール形式の授業
授業のねらい・到達目標 研究テーマに関する文献の検索・読解、資料の収集と分析方法、現地調査の方法などを学ぶとともに、それらに関する発表・討論をすることで、各自の「卒業研究」に結びつく研究課題について検討できるようになる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 提示された課題に対する各自の発表や共通課題に関する討論等により、ゼミナール形式の授業を行う。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:研究課題設定に向けての手順
【事前学習】自身の研究テーマについて検討しておく。
【事後学習】研究テーマ設定に向けての計画を立てる。
2研究テーマに関する文献検索とそのまとめ方を学ぶ
【事前学習】文献の検索方法を理解しておく。
【事後学習】自身の研究テーマに関する文献を検索、入手する。
3文献の検索と読解① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】自身の研究テーマに関する文献を読み、内容をまとめる。
【事後学習】文献をさらに読みすすめ、自身の研究テーマ設定の参考にする。
4文献の検索と読解② 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】自身の研究テーマに関する文献を読み、内容をまとめる。
【事後学習】文献をさらに読みすすめ、自身の研究テーマ設定の参考にする。
5文献の検索と読解③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】自身の研究テーマに関する文献を読み、内容をまとめる。
【事後学習】文献をさらに読みすすめ、自身の研究テーマ設定の参考にする。
6研究テーマに関する資料収集および分析の仕方を学ぶ
【事前学習】自身の研究テーマを絞り込む。
【事後学習】自身の研究テーマに必要な資料とその分析方法を考える。
7資料の収集と分析方法① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本的な資料を収集し、その分析を行う。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、さらに分析を進める。
8資料の収集と分析方法② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本的な資料を収集し、その分析を行う。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、さらに分析を進める。
9資料の収集と分析方法③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】基本的な資料を収集し、その分析を行う。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、さらに分析を進める。
10調査対象地域の選定の仕方と調査方法を学ぶ
【事前学習】研究テーマと資料分析の結果を整理する。
【事後学習】研究テーマに相応しい研究方法を考える。
11調査地域と調査方法① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査地域と調査方法について検討する。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、調査地域・方法をさらに検討する。
12調査地域と調査方法② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査地域と調査方法について検討する。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、調査地域・方法をさらに検討する。
13調査地域と調査方法③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査地域と調査方法について検討する。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、調査地域・方法をさらに検討する。
14調査地域と調査方法③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査地域と調査方法について検討する。
【事後学習】発表で指摘された点にも考慮しながら、調査地域・方法をさらに検討する。
15まとめ:研究課題と調査方法の整理
【事前学習】調査地域における具体的な調査内容を挙げてみる。
【事後学習】調査地域・調査方法に相応しい具体的な調査内容を整理する。
その他
教科書 使用しない
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業における口頭発表の内容、討論への参加状況(40%)、ゼミ活動への参加状況(30%)
レポートは期末における最終レポート
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室
備考 夏期休業中に共通課題による巡検を実施する予定である。また、4年生との合同ゼミも開催する。

このページのトップ