文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学課題研究1
日本大学ロゴ

地理学課題研究1

このページを印刷する

科目名 地理学課題研究1
教員名 井村博宣
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 地理学卒業研究の前段階として、研究課題(テーマ)を設定するとともに文献調査を進め、研究を進めるのに必要な論理的で生態的な思考を自ら展開する能力を培うことが目的である。
授業のねらい・到達目標 自ら研究課題(テーマ)を設定し、文献調査を進め、論理的で生態的な思考を展開できる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 授業は、受講生全員が各自関心のある研究テーマを設定して、輪番制で研究内容を発表し、全員で討論するゼミナール形式にて行う。
本授業の事前・事後学習は,第1回・第14回・第15回が各2時間、そのほかの第2回~第4回・第5回~第7回・第8回~第10回・第11回~第13回がそれぞれ発表の前後に各6時間の学習を目安とします。
履修条件 ①2年終了時までに50単位以上を修得していること。
②1年次必修専門科目中「地理学の基礎1・2」および「自主創造の基礎1・2」を修得していること。
授業計画
1研究テーマ・研究対象地域の決定
【事前学習】研究テーマについて検討しておくこと。
【事後学習】指導に従い、研究テーマを決めておくこと。
2研究内容の説明(1) 学生A・B・C
【事前学習】研究テーマとその概要を整理し、発表の準備をしておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、研究の目的と意義や分析方法等に留意し、テーマに関わる文献講読をしておくこと。
3研究内容の説明(2) 学生D・E・F
【事前学習】研究テーマとその概要を整理し、発表の準備をしておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、研究の目的と意義や分析方法等に留意し、テーマに関わる文献講読をしておくこと。
4研究内容の説明(3) 学生G・H・I
【事前学習】研究テーマとその概要を整理し、発表の準備をしておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、研究の目的と意義や分析方法等に留意し、テーマに関わる文献講読をしておくこと。
5参考文献の紹介(1) 学生A・B・C
【事前学習】第2回の授業での指導に従い、授業文献講読し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、思考方法や問題の所在と分析方法および史資料等について検討を重ねておくこと。
6参考文献の紹介(2) 学生D・E・F
【事前学習】第3回の授業での指導に従い、授業文献講読し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、思考方法や問題の所在と分析方法および史資料等について検討を重ねておくこと。
7参考文献の紹介(3) 学生G・H・I
【事前学習】第4回の授業での指導に従い、授業文献講読し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、思考方法や問題の所在と分析方法および史資料等について検討を重ねておくこと。
8史資料の紹介(1) 学生A・B・C
【事前学習】第5回の授業での指導に従い、史資料を分析し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、主題図等を作成するとともに、既成の史資料を追加やフィールドワークに基づくオリジナルデータの入手について検討しておくこと。
9史資料の紹介(2) 学生D・E・F
【事前学習】第6回の授業での指導に従い、史資料を分析し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、主題図等を作成するとともに、既成の史資料を追加やフィールドワークに基づくオリジナルデータの入手について検討しておくこと。
10史資料の紹介(3) 学生G・H・I
【事前学習】第7回の授業での指導に従い、史資料を分析し、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、主題図等を作成するとともに、既成の史資料を追加やフィールドワークに基づくオリジナルデータの入手について検討しておくこと。
11夏期休暇中の調査計画(1) 学生A・B・C
【事前学習】第8回の授業での指導に従い、夏期休暇中の調査計画を立てて、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、調査計画を修正しておくこと。
12夏期休暇中の調査計画(2) 学生D・E・F
【事前学習】第9回の授業での指導に従い、夏期休暇中の調査計画を立てて、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、調査計画を修正しておくこと。
13夏期休暇中の調査計画(3) 学生G・H・I
【事前学習】第10回の授業での指導に従い、夏期休暇中の調査計画を立てて、発表資料としてまとめておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、調査計画を修正しておくこと。
14レポートの作成(1) 学生A・B・C・D・E・F・G・H・I
【事前学習】第1回~第13回の授業での指導内容を理解し直し、研究の進捗状況を整理しておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、修正しておくこと。
15レポートの作成(2) 学生A・B・C・D・E・F・G・H・I
【事前学習】レポートの作成で生じた疑問点等を整理し、質問の準備をしておくこと。
【事後学習】指導内容を理解し、研究の目的と意義や分析方法等および必要な史資料を再確認し、夏期休暇中の調査に備えておくこと。
その他
教科書 使用しない。
参考書 その都度、授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、発表(30%)、質疑応答(10%)
オフィスアワー 時間は木曜日の12:30~13:30、場所は8号館5階A-506研究室とする。
備考 メールでも大丈夫ですから気軽に質問してください。メール・アドレスは開講時(第1回目)に連絡します。

このページのトップ