文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地図学
日本大学ロゴ

地図学

このページを印刷する

科目名 地図学
教員名 佐藤浩
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 国土地理院における測量政策の企画・立案と実施の経験を踏まえ、地図の基本的概念と利用について学ぶ。
授業のねらい・到達目標 地理空間情報の面的・時間的な伝達手段である地図について、地図の概念と種類、作成、利用の仕方を理解することができます。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 講義を中心とするが、適宜、地図を使った作業を行う。最後に総括(理解度の確認)を実施する。
次回の授業の内容を、教科書を読んで(範囲は授業内で指定する)予習や作業を行うとともに、受講した授業内容を教科書で予習しておくこと。
したがって、特に教員が断らない限り、教科書を毎回、持参すること(事前学習・事後学習に支障を生じるため)。
・毎回、色鉛筆セットを持参すること(空間情報を視覚的に理解するためである)。
・毎回、定規を持参すること(図上での計測が実空間の縮尺であることを理解するためである)。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1Ⅲ.地図の利用
地図の利用(1):地形図の読図(図式、等高線、土地利用)
【事前学習】シラバスを事前に確認すること。
【事後学習】教科書p.1を読み一般図と主題図の違いを理解すること。
2Ⅰ.地図の概念と種類
地図の種類:一般図(地形図)と主題図(地形分類図・土地利用図等)、紙地図と数値地図
【事前学習】教科書のpp.1-2を読んで内容を把握すること。
【事後学習】授業で演習した主題図の内容を踏まえて教科書pp.1-2を再読し、理解を深めること。
3Ⅰ.地図の概念と種類
地図の概念、地図の歴史
【事前学習】教科書のpp.2-5を読み内容を把握すること。
【事後学習】世界最古の地図として授業で紹介した事柄を、以下のURLを参照して理解を深めること。http://www.sci-news.com/archaeology/science-catalhoyuk-map-mural-volcanic-eruption-01681.html
4Ⅱ.地図の作成
地球の形と測地系
【事前学習】教科書のpp.14-17を読み内容を把握すること。
【事後学習】授業で演習した内容(緯度1°につき現実世界では弧長が異なること)の理解を深め、教科書pp.14-19を再読して理解を深めること。
5Ⅱ.地図の作成
地理(図)投影法
【事前学習】教科書のpp.18-19を読み内容を把握すること。
【事後学習】授業で演習した内容(円錐図法と円筒図法の類似点、方位図法が円錐図法や円筒図法とどのように意味がことなるか)の理解を深め、教科書pp.18-19を再読して理解を深めること。
6Ⅱ.地図の作成
座標系(2):UTM座標、平面直角座標
【事前学習】教科書のpp.19-21を読み内容を把握すること。
【事後学習】授業で演習した内容(「図法」と「投影法」の用語の違い、UTM図法は計測精度4/10,000に対して平面直角座標系は1/10,000であることの意義と理由)の理解を深め、教科書のpp.19-21を再読して理解を深めること。
7Ⅱ.地図の作成
地図総描と視覚変数
【事前学習】https://home.csis.u-tokyo.ac.jp/~arikawa/s-it/2ndSITWS011221/PDF-2SIT/SIT01-2-9.pdfを読み、地図の調製者と利用者の間で地理空間情報のやり取りにいかにズレを生じさせない工夫があるのか把握すること。
【事後学習】授業で演習した視覚変数の種類と工夫への理解を踏まえて、事前学習のURLの教材を再読して理解を深めること。
8Ⅱ.地図の作成
主題図の作成(レイアウト、コロプレスマップ、図形表現図、等値線図)
【事前学習】以下のURLを参照して、レイアウトの方法や重要性を把握すること。https://docs.qgis.org/2.14/ja/docs/gentle_gis_introduction/map_production.html
【事後学習】コロプレスマップがどのような主題の表現に合うのか、復習しておくこと。
9Ⅱ.地図の作成
地理情報標準
【事前学習】教科書のpp.164-167を読み内容を把握しておくこと。
【事後学習】以下のURLを参照するとともに参考問題を解いて内容を深めること。
http://sokugikyo.or.jp/geographic_information/information/information_1.html
http://sokugikyo.or.jp/geographic_information/information/info_tests.html
10Ⅲ.地図の利用
地図の利用(2):地形図とGIS、図上計測(距離、面積)
【事前学習】教科書のpp.8-9とpp.159-164を読み内容を把握すること。
【事後学習】ブラックボードを通じてWeb地図(地理院地図)を使った課題を出題するので提出してGISとは何か理解を深めること。
11Ⅲ.地図の利用
地図の利用(3):国勢調査データと統計地図、メッシュマップの作成
【事前学習】教科書のp.9を読みラスターデータの特徴を把握すること
【事後学習】ブラックボードに課題を与えるので提出し、統計地図のうちラスターデータに比するメッシュマップと統計区で整理されたベクトルデータとは異なることを理解すること。
12Ⅲ.地図の利用
地図の利用(4):統計地図の読図(分布傾向)
【事前学習】以下のURLを閲覧して統計データの所在を知ること。https://www.e-stat.go.jp/gis
【事後学習】統計地図の読図(分布傾向)に関わる課題をブラックボードに掲げるので提出して理解を深めること。
13授業内試験(理解の達成度の把握)と振り返り。内容の解説を行うため、途中退室を認めない。
【事前学習】第1回~第13回の内容を復習すること。
【事後学習】第13回までに挙げた教科書のページを読んで内容の理解を深めること。
14第1回から第13回までの講義内容について質疑応答を行う。
【事前学習】授業内試験(理解の達成度の把握)の問題を復習すること。
【事後学習】授業内容に関わる設問をBlack Boardに掲示するので解答すること。
15Ⅳ.地図の未来
国土数値情報、基盤地図情報、国土基本情報、電子国土基本図、電子地形図、ナビゲーション、Web地図
【事前学習】地理院地図を見て自らの居住地を検索できるようにすること。https://maps.gsi.go.jp
【事後学習】国土調査のデータの所在を以下のURLで参照可能なことを把握すること。
http://nrb-www.mlit.go.jp/kokjo/inspect/inspect.html
その他
教科書 中川雅史 『絵でわかる地図と測量』  講談社 2015年
この教科書は2年次のリモートセンシング(含実習)と3年次の測量学、測量学実習でも使用する。
成績評価の方法及び基準 試験(50%)、レポート(25%)、授業参画度(25%)
授業参画度は,地図を使った授業内の作業の提出物等で評価します。
オフィスアワー 8号館5階A-508号室
前期: 木曜日 10:10~10:50
後期: 水曜日 13:00~14:00
備考 ・特に教員が断らない限り、教科書を毎回、持参すること。

このページのトップ