文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学の基礎2
日本大学ロゴ

地理学の基礎2

このページを印刷する

科目名 地理学の基礎2
教員名 落合康浩
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 地理学の各研究分野とそれぞれの研究成果の概要について講義する。
授業のねらい・到達目標 自然地理学と人文地理学における研究対象と研究分野を整理し、それぞれの分析視点を学ぶことで、具体的な研究成果に関わる知識を理解することができる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 配付資料やスライドにより具体的な教材を提示し、講義形式で授業を進める。また、小レポートや授業中の質疑を通して双方向的な授業としたい。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
履修条件 地理学科で受講調整を行う。
地理学の基礎1を履修していること。
地理学科以外の学生で、社会科・地理歴史科の教員免許状を取得するために地理学科の科目を履修する者は、この科目を必ず履修すること。
授業計画
1講義概要説明(系統地理学)
【事前学習】シラバスを確認し、地理学の研究分野の分類を理解しておく。
【事後学習】地理学の各研究分野の具体的な項目を整理する。
2自然地理学の対象と諸分野
【事前学習】自然地理学の各分野における具体的項目を理解しておく。
【事後学習】自然地理学の各分野における研究対象を整理する。
3地形学の基礎知識(地形の分類と特徴)
【事前学習】地形学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】地形学の具体的な研究項目・内容を整理する。
4気候学の基礎知識(気候要素と気候因子)
【事前学習】気候学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】気候学の具体的な研究項目・内容を整理する。
5植生学・土壌学の基礎知識(環境、地域特性としての植生・土壌)
【事前学習】植生学・土壌学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】植生学・土壌学の具体的な研究項目・内容を整理する。
6自然地理学の研究方法とスキル
【事前学習】自然地理学の研究項目・内容を整理しておく。
【事後学習】自然地理学の具体的な研究内容と研究方法を結び付けて理解する。
7自然地理学における地域研究(自然地理学研究の具体的事例)
【事前学習】自然地理学の研究方法について理解しておく。
【事後学習】自然地理学の地域研究について何ができるか想定してみる。
8人文地理学の対象と諸分野
【事前学習】人文地理学の各分野における具体的項目を理解しておく。
【事後学習】人文地理学の各分野における研究対象を整理する。
9経済地理学の基礎知識(農業・鉱工業・商業地域の成立)
【事前学習】経済地理学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】経済地理学の具体的な研究項目・内容を整理する。
10社会地理学の基礎知識(人口現象と村落・都市地域の社会)
【事前学習】社会地理学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】社会地理学の具体的な研究項目・内容を整理する。
11文化地理学の基礎知識(文化の地域性と風土)
【事前学習】文化地理学の研究対象について理解しておく。
【事後学習】文化地理学の具体的な研究項目・内容を整理する。
12人文地理学の研究方法とスキル
【事前学習】人文地理学の研究項目・内容を整理しておく。
【事後学習】人文地理学の具体的な研究内容と研究方法を結び付けて理解する。
13人文地理学における地域研究(人文地理学研究の具体的事例)
【事前学習】人文地理学の研究方法について理解しておく。
【事後学習】人文地理学の地域研究について何ができるか想定してみる。
14地理学研究へのアプローチ(研究テーマの設定と研究方法の整理)
【事前学習】地理学の研究対象にもとづいて興味のある研究テーマを考えおく。
【事後学習】具体的な研究項目・内容・方法を整理する。
15理解度の確認(授業内試験)と講義内容の総括
【事前学習】これまでの授業内容を整理・理解しておく。
【事後学習】理解度確認作業の中で理解できていなかったことを整理し、理解を深める。
その他
教科書 使用しない。適宜、プリント・資料を配付する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度は、授業中の質疑応答や小レポート等の結果を加味して評価します。
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室

このページのトップ