文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学の基礎1
日本大学ロゴ

地理学の基礎1

このページを印刷する

科目名 地理学の基礎1
教員名 落合康浩
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 地理学の学修と研究のための視点と方法について講義する。
授業のねらい・到達目標 地理学に関わる歴史や概念について整理しながら、その現代的な研究課題や研究対象、調査方法、分析技術などに関する知識を学ぶことで、地理学がいかなる学問であるかを理解することができる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1及びカリキュラムポリシーCP1に対応しています。
授業の方法 配付資料やスライドにより具体的な教材を提示し、講義形式で授業を進める。また、小レポートや授業中の質疑を通して双方向的な授業としたい。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
履修条件 履修クラスの指定あり
授業計画
1講義概要説明(地理学の基礎と導入)
【事前学習】シラバスを確認し地理学で基礎的に学ぶべき項目を理解しておく。
【事後学習】地理学の学問的特徴となる項目を整理する。
2地理学の歩み1(古代から近代における地理学史)
【事前学習】地図・探検に関わる人物名を挙げておく。
【事後学習】地図・探検の歴史を整理する。
3地理学の歩み2(近代・現代における地理学の流れ)
【事前学習】地図・探検の歴史を振り返り整理しておく。
【事後学習】歴史の中の地理に関する事項を整理する。
4地理学の中心概念 -場所・空間・環境-(地理学とは何か)
【事前学習】場所・空間・環境の語をどのようなときに使うか考えておく。
【事後学習】場所・空間・環境の語の意味するところを整理し、理解する。
5地理学が扱う「地域」(地理学における地域概念)
【事前学習】地域という語をどのようなときに使うか考えておく。
【事後学習】地理学で使う地域の語の意味するところを整理し、理解する。
6地域の区分と分類(等質地域と機能地域、地域類型)
【事前学習】地域を分ける分け方について考えておく。
【事後学習】地域区分の仕方とその意味について整理し、理解する。
7系統地理学(地理学の分類と諸分野)
【事前学習】高校までの地理で学んだ項目について振り返っておく。
【事後学習】地理学科のカリキュラムに照らして地理学の諸分野を整理する。
8地域のスケールと地誌的なものの見方(地域の範囲と地誌的研究)
【事前学習】地域を理解する上で必要な項目について整理しておく。
【事後学習】具体的な地域を想定し各項目について特徴を整理する。
9複合領域としての地理学(様々な事象を結びつけて分析する科学)
【事前学習】地理学の各分野にある地理以外のキーワードを挙げておく。
【事後学習】複合領域的な研究の中で地理学が果たす役割について整理する。
10地域研究と地理学(地域の実態を解明する科学)
【事前学習】地域の実態を説明する際に必要な項目を挙げておく。
【事後学習】具体的な地域を想定し総合的にその特徴を説明してみる。
11フィールドワーク(地域を調査する方法)
【事前学習】現地に行って調査すべき項目について整理しておく。
【事後学習】具体的な地域を想定し何をどのように調査するかを考える。
12地図と地理情報(地図・統計データの利用と表現方法)
【事前学習】統計資料や主題図にはどのようなものがあるか挙げておく。
【事後学習】具体的に統計データを用いて主題図を作成してみる。
13レポートのまとめ方(文献・資料の検索から文章の書き方まで)
【事前学習】書籍の中で文献・資料がどのように扱われているかをみておく。
【事後学習】具体的な文献・資料を参考にレポートを作成してみる。
14地理学における研究視点を考える(文献解題と整理)
【事前学習】地理学に関する文献にはどのようなものがあるか概観しておく。
【事後学習】地理学に関する文献を読み、整理して批評する。
15理解度の確認(授業内試験)と講義内容の総括
【事前学習】これまでの授業内容を整理・理解しておく。
【事後学習】理解度確認作業の中で理解できていなかったことを整理し、理解を深める。
その他
教科書 使用しない。適宜、プリントや資料を配付する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度は、授業中の質疑応答や小レポート等の結果を加味して評価します。
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室

このページのトップ