文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 自主創造の基礎1
日本大学ロゴ

自主創造の基礎1

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 自主創造の基礎1
平成27年度以前入学者 地理調査法(含実習)1
教員名 江口誠一
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 地理学のもつ基本技能や地域調査手法の理解による自主創造型パーソンを育成する。
授業のねらい・到達目標 この授業は、日本大学全学共通初年次教育科目である。授業では、日本大学で学び研究することの意義について考えるとともに、高校までの受動的な学びとは全く異なる学術研究の作法(アカデミック・スキルズ)を学修する。また、授業では、専門教育の前段となるいわゆる基礎教育だけではなく、学修して社会人になることの意義やその在り方について授業を通じて理解し、「自主創造型パーソン」を育成するとともに、地理学的に考える視点を身に付け、発信するセンスを養うことを到達目標とする。
 「自主創造の基礎1」ではまず、日本大学の歴史を、身近に展開する地域空間の視点から学び、事象を地理学的に考えられるようになる。また、高校までに利用した地図帳から国土地理院発行の地形図において空間理解の意識転換を図り、さらに空中写真を利用して一次地域情報(生データ)を判読する技術を学ぶ。このことを通じ、高校までの受動的な学びから学術研究の作法(アカデミック・スキルズ)ができるようになる。授業では予め文献や既存の資料、地図などから対象地域についての知識や情報をまとめ、フィールドワークによって得た情報との整合性や違いを確かめ、技能や手法を深化させながら「自主創造型パーソン」となる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP1,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP1,CP3,CP4に対応しています。
授業の方法 演習・実習形式
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 地理学科1年(開講前に学科で受講調整をおこなう)
授業計画
1全体のテースタートアップ:「自主創造のためのLearning Guide」の学修
【事前学習】シラバスを確認しておく
【事後学習】全体のテーマを理解する
2日本大学の歴史:地理学的視点を持って日本大学の地域空間的展開を知る
【事前学習】日大の歴史を確認しておく
【事後学習】歴史の中で地理的要素を理解する
3地理学の基礎技能となる地形図の説明と理解:学校用地図帳から国土地理院発行の地形図において空間理解の意識転換
【事前学習】地形図を確認しておく
【事後学習】地形図の利用法を理解する
4地形図の利用と作業①:標高区分図の作成と土地利用の判読
【事前学習】地図記号を確認しておく
【事後学習】地図より土地利用を理解する
5地形図の利用と作業②:尾根線・谷線と景観の類推
【事前学習】等高線を確認しておく
【事後学習】等高線より地形を読み取ること
6地理学の基本技能となる空中写真の説明と理解:一次地域情報(生データ)を読み取る判読技術を学ぶ
【事前学習】空中写真を確認しておく
【事後学習】空中写真の利用法を理解する
7空中写真の利用と作業①:標定図の作成と地形図との対応
【事前学習】空中写真の利用法を確認しておく
【事後学習】空中写真と地形図の対応を理解する
8空中写真の利用と作業②:段丘面区分図の作法と土地利用の考察
【事前学習】空中写真と地形図の対応を確認しておく
【事後学習】空中写真から地形を読み取る
9地理学の基本技能としてのフィールドワークの方法①:フィールドワークの企画、調査項目の検討
【事前学習】調査地域を確認しておく
【事後学習】調査企画を理解する
10地理学の基本技能としてのフィールドワークの方法②:文献・地図・史資料の収集整理
【事前学習】調査企画を確認しておく
【事後学習】調査資料類を理解する
11地理学の基本技能としてのフィールドワークの方法③:土地利用調査・景観調査による地域構造を理解する方法
【事前学習】調査資料類を確認しておく
【事後学習】景観調査を理解する
12地理学の基本技能としてのフィールドワークの方法④:聞き取り調査・質問票調査・資料収集による社会生活を理解する方法
【事前学習】社会地理学的調査を確認しておく
【事後学習】社会地理学的調査方法を理解する
13調査地域におけるフィールドワークの実施:習得した技能を実践するとともにチームワークを学ぶ
【事前学習】調査地域を確認しておく
【事後学習】調査方法を理解する
14フィールドワークのまとめ①:データの集計・解析
【事前学習】データ内容を確認しておく
【事後学習】データ解析方法を理解する
15フィールドワークのまとめ②:レポートの作成
【事前学習】調査成果を確認しておく
【事後学習】レポート作成法を理解する
その他
参考書 適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
レポートの提出(数回)および現地調査への参加が成績評価の条件となる。
オフィスアワー 木曜日18~19時、8号館5階505研究室

このページのトップ