文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究2
日本大学ロゴ

地理学卒業研究2

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究2
教員名 矢ケ崎典隆
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 卒業研究の研究成果を発表し、論文を完成させる。
授業のねらい・到達目標 卒業研究の報告を繰り返すことにより、論文を完成させるとともに、研究成果を発表するための準備を行うことができる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 授業形態:演習形式
プレゼンテーション方法:パワーポイント、配布印刷物
本授業の事前・事後学習は、各4時間の学習を目安とします。
履修条件 地理学卒業研究1を履修済みであること
授業計画
1ガイダンス:卒業論文の完成に向けて、スケジュール、研究課題、研究の心構えを再確認する。
〔事前学習〕研究計画の概要を説明するための準備をする。
〔事後学習〕研究のスケジュールを再確認する。
2卒業論文の中間報告(1)
〔事前学習〕卒業論文の中間報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、今後の研究計画を再検討する。
3卒業論文の中間報告(2)
〔事前学習〕卒業論文の中間報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、今後の研究計画を再検討する。
4卒業論文の中間報告(3)
〔事前学習〕卒業論文の中間報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、今後の研究計画を再検討する。
5卒業論文の中間報告(4)
〔事前学習〕卒業論文の中間報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、今後の研究計画を再検討する。
6卒業論文の最終報告(1)
〔事前学習〕卒業論文の最終報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、論文の改善をはかる。
7卒業論文の最終報告(2)
〔事前学習〕卒業論文の最終報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、論文の改善をはかる。
8卒業論文の最終報告(3)
〔事前学習〕卒業論文の最終報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、論文の改善をはかる。
9卒業論文の最終報告(4)
〔事前学習〕卒業論文の最終報告のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、論文の改善をはかる。
10卒業論文の書式と要旨
〔事前学習〕卒業論文の要旨を作成する。
〔事後学習〕配布された執筆要領に従って、論文の形式の統一をはかる。
11研究発表の準備と実践(1)
事前学習〕卒業論文の発表のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、発表の内容及び発表法の改善をはかる。
12研究発表の準備と実践(2)
〔事前学習〕卒業論文の発表のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、発表の内容及び発表法の改善をはかる。
13研究発表の準備と実践(3)
〔事前学習〕卒業論文の発表のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、発表の内容及び発表法の改善をはかる。
14研究発表の準備と実践(4)
〔事前学習〕卒業論文の発表のための準備をする。
〔事後学習〕演習の討議を踏まえて、発表の内容及び発表法の改善をはかる。
15卒業研究の反省と今後の課題
〔事前学習〕卒業研究を振り返り、反省点を整理する。
〔事後学習〕卒業論文の課題について考える。
その他
教科書 使用しない。
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度は、発表及び議論への参加により評価します。
オフィスアワー 木曜日12:30~13:00 文理学部8号館5階A507

このページのトップ