文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究2
日本大学ロゴ

地理学卒業研究2

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究2
教員名 任海
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 低学年で学んだ地理学専門科目の知識を復習しつつ,その活用方法を学修する。
個別研究テーマに基づき,地理空間技術を利用して卒業論文の作成方法を学修する。
卒業論文のテーマをめぐって発表し,指導教員のアドバスに基づいて卒業論文を作成する。
授業のねらい・到達目標 学生が設定した地理学に関する研究課題に対して,地理空間技術を利用して調査・分析を行うことができ,特に,GISを利用して各種の主題図を作成するとともに,GISの空間データ分析機能を研究に活用できることを目的とする。また,研究の成果などを卒業論文にまとめる方法と発表の方法を把握し,研究成果を卒業論文発表大会で発表するためのプレゼンテーションの方法を学ぶとともに,卒業研究を完成させることが目的とする。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 学生が研究課題について調査・分析を進めるとともに,進行状況や研究成果についての発表を行い,それに基づく質疑応答や討論を通じて,研究の問題点や今後の研究の進め方,研究結果の考察などを検討するゼミナール形式で行う。さらに,研究成果をプレゼンテーションする方法や,卒業論文を作成する方法を講義する.
履修条件 「地理学卒業研究1」が修得済みであること。
授業計画
1夏季休業中の研究成果の発表① 受講者A~C
【事前学習】夏季休業中に行ったことをまとめておくこと。
【事後学習】発表者は指導教員のアドバイス等に基づいて発表内容を調整する
      発表者以外の受講者は発表者が述べた内容をノートに整理する
2夏季休業中の研究成果の発表② 受講者D~
【事前学習】夏季休業中に行ったことをまとめておくこと。
【事後学習】発表者は指導教員のアドバイス等に基づいて発表内容を調整する
      発表者以外の受講者は発表者が述べた内容をノートに整理する
3今後の研究の検討
【事前学習】今後の研究計画についてまとめておくこと。
【事後学習】指導教員のアドバイス等に基づいて調査計画を調整する
4GISによる研究課題についての主題図の作成(1):階級区分図
【事前学習】(地理情報システム(含実習)」の授業で使用したプリントの階級区分図の作成方法について読んでおくこと。
【事後学習】授業時に未完成の課題を完成する。
5GISによる研究課題についての主題図の作成(2):図形表現図
【事前学習】「地理情報システム(含実習)」の授業で使用したプリントの図形表現図の作成方法について読んでおくこと。
【事後学習】授業時に未完成の課題を完成する。
6GISによる研究課題についての空間分析の実行(1):道路ネットワーク分析
【事前学習】「GIS分析法(含実習)」の授業で使用したプリントの道路ネットワーク分析について読んでおくこと。
【事後学習】授業時に未完成の課題を完成する。
7GISによる研究課題についての空間分析の実行(2):バッファ分析と空間検索
【事前学習】「GIS分析法(含実習)」の授業で使用したプリントの空間検索の方法について読んでおくこと。
【事後学習】授業時に未完成の課題を完成する。
8GISによる研究課題についての空間分析の実行(3):面積按分
【事前学習】「地理情報システム(含実習)」の授業で使用したプリントの面積按分の方法について読んでおくこと。
【事後学習】授業時に未完成の課題を完成する。
9研究テーマに関する口頭発表① 受講者A,B
【事前学習】卒業論文発表大会にむけて、パワーポイントを作成しておくこと。
【事後学習】発表者は指導教員のアドバイス等に基づいて発表内容を調整する
      発表者以外の受講者は発表者が述べた内容をノートに整理する
10研究テーマに関する口頭発表② 受講者C,D
【事前学習】卒業論文発表大会にむけて、パワーポイントを作成しておくこと。
【事後学習】発表者は指導教員のアドバイス等に基づいて発表内容を調整する
      発表者以外の受講者は発表者が述べた内容をノートに整理する
11研究テーマに関する口頭発表③ 受講者E~
【事前学習】卒業論文発表大会にむけて、パワーポイントを作成しておくこと。
【事後学習】発表者は指導教員のアドバイス等に基づいて発表内容を調整する
      発表者以外の受講者は発表者が述べた内容をノートに整理する
12卒業論文のまとめ方と章構成の検討
【事前学習】卒業論文の章構成を考えておくこと。
【事後学習】指導教員のアドバイスに基づき,章たてを調整する
13考察・結論の作成(1):考察・結論についての発表と検討
【事前学習】研究成果について考察しておくこと。
【事後学習】指導教員のアドバイスに基づき,卒業論文の内容を調整する
14考察・結論の作成(2):考察・結論についての文章の作成
【事前学習】研究成果について考察しておくこと。
【事後学習】指導教員のアドバイスに基づき,卒業論文の内容を調整する
15卒業論文の完成度の確認
【事前学習】作成中の卒業論文を用意しておくこと。
【事後学習】指導教員のアドバイスに基づき,卒業論文を微調整し完成する
その他
教科書 授業時間内に、各自の研究課題に関連する教科書を適宜指示する。
参考書 授業時間内に、各自の研究課題に関連する参考書や文献を適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(20%)、研究課題についての発表(40%)、卒業論文(40%)
オフィスアワー 火曜日:11時00分~12時00分、8号館401研究室

このページのトップ