文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究2
日本大学ロゴ

地理学卒業研究2

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究2
教員名 落合康浩
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 研究成果をまとめて発表し、卒業研究論文を作成するゼミナール形式の授業
授業のねらい・到達目標 研究課題について実施した本調査の結果や分析・考察内容を発表し、討論を行いながら検討を加えることで、最終的に得られた成果にもとづいて、地理学的な論文を作成することができる。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 各自のテーマに関する調査・分析の成果について発表・討論する、ゼミナール形式の授業を行う。
本授業では、事前・事後に文献・資料の分析や現地調査の実践、調査結果の考察、まとめに単位相応の時間が必要になります。
履修条件 地理学課題研究1および2を修得していること
授業計画
1ガイダンス:研究論文作成に向けて
【事前学習】本調査で得た資料の整理を進める。
【事後学習】調査の成果を論文にまとめるまでの手順を考える。
2調査データを整理し分析方法について検討する
【事前学習】本調査で得た資料・データの分析を進める。
【事後学習】資料・データの分析を工夫し結果をまとめる。
3調査データの整理と分析結果① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査資料・データの分析結果をまとめて図表を作成する。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、図表等の表現を検討する。
4調査データの整理と分析結果② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査資料・データの分析結果をまとめて図表を作成する。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、図表等の表現を検討する。
5調査データの整理と分析結果③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】調査資料・データの分析結果をまとめて図表を作成する。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、図表等の表現を検討する。
6分析結果にもとづき独自の考察を行う
【事前学習】分析結果をまとめた図表からわかることを整理する。
【事後学習】分析結果にもとづく考察を進める。
7分析にもとづく考察① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】分析結果にもとづく考察内容をまとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、考察を深める。
8分析にもとづく考察② 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】分析結果にもとづく考察内容をまとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、考察を深める。
9分析にもとづく考察③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】分析結果にもとづく考察内容をまとめる。
【事後学習】発表で指摘された点を踏まえて、考察を深める。
10研究成果のまとめと発表方法について実践的に学ぶ
【事前学習】研究成果全体を整理する。
【事後学習】研究成果を報告する手順について考える。
11論文構成の検討と発表会に向けての準備① 第1グループの報告と質疑応答
【事前学習】研究報告の手順を考え、発表資料を整理する。
【事後学習】論文の構成を想定して発表資料をつくり発表を行う。
12論文構成の検討と発表会に向けての準備② 第2グループの報告と質疑応答
【事前学習】研究報告の手順を考え、発表資料を整理する。
【事後学習】論文の構成を想定して発表資料をつくり発表を行う。
13論文構成の検討と発表会に向けての準備③ 第3グループの報告と質疑応答
【事前学習】研究報告の手順を考え、発表資料を整理する。
【事後学習】論文の構成を想定して発表資料をつくり発表を行う。
14論文を作成する
【事前学習】研究報告の全体像を整理し論文構成を考える。
【事後学習】論文構成にしたがって、卒業論文を執筆する。
15まとめ:卒業論文の仕上げ
【事前学習】書き上げた論文を仮提出する。
【事後学習】修正意見にしたがって書き直しを行い卒業論文を完成させる。
その他
教科書 使用しない。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 論文(60%)、ゼミでの発表・討論の内容、ゼミ活動への参加状況(40%)
オフィスアワー 水曜日・金曜日12:10~13:00 8号館4階A408研究室
備考 3年生との合同ゼミ(合宿も含む)も開催する。

このページのトップ