文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地理学科 > 地理学卒業研究1
日本大学ロゴ

地理学卒業研究1

このページを印刷する

科目名 地理学卒業研究1
教員名 藁谷哲也
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 地理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 自然地理学研究の詳細を知り,個々に研究テーマを設定して卒業論文としてまとめるためのプロセスを学修する。
授業のねらい・到達目標 「地理学課題研究1,2」で,各自が設定した課題を継続して調査・分析し、得られた結果を口頭発表・討論して最終的に卒業論文としてまとめることができる。プレゼンテーションの技術を高めることも,ねらいのひとつである。

この科目は文理学部(学士(地理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5,DP7及びカリキュラムポリシーCP3,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 ゼミナール形式の授業を中心とするが,野外巡検を行う場合がある。研究成果の発表時には、パワーポイントを利用した口頭発表を行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 ①総単位数90単位以上を修得していること。②「地理学課題研究1」「地理学課題研究2」を修得していること。
授業計画
1ガイダンス
【事前学習】3年次の調査,研究内容をまとめ,説明できるように準備しておくこと。
【事後学習】講義内容をノートに整理しておくこと。
2春季(3学年時)調査・研究成果の整理と報告
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
3既存研究と研究目的・方法に関する発表(1)
【事前学習】地形プロセスに関する指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
4既存研究と研究目的・方法に関する発表(2)
【事前学習】地形発達に関する指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
5既存研究と研究目的・方法に関する発表(3)
【事前学習】地質,地質工学に関する指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
6研究対象地に関する地形概要の発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
7研究対象地に関する地質概要の発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
8研究対象地に関する自然地理的概要の発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
9調査・研究結果(参考文献)に関する発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
10調査・研究結果(野外調査)に関する発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
11調査・研究結果(実験,統計分析等)に関する発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
12調査・研究結果に関する総合発表
【事前学習】指定文献を通読し,発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
13論文目次の作成・提出と内容の検討
【事前学習】発表内容に関するスライドや配布⽤レジュメを準備しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
14発表内容に関する質疑応答等及びフィードバックを行う。
【事前学習】これまでの発表内容を総括しておくこと。
【事後学習】発表内容を整理する。
15中間報告書(含、夏季研究計画案)の提出と概要説明
【事前学習】発表内容に関するスライドや提出物を準備しておくこと。
その他
参考書 1)2大矢雅彦ほか編  『地形分類図の読み方・作り方』 古今書院 1998年
2)狩野謙一 『野外地質調査の基礎』  古今書院  1998年 第3版
3)室 純子・石村貞夫 『EXCELでやさしく学ぶ統計解析』  東京図書 2001年 第7版
4)日本大学地理学科80周年記念会編 『仕事が見える地理学』 古今書院 2008年
5)日本大学地理学教室編 『地理学の見方・考え方』 古今書院 1998年
6)松倉公憲 『地形変化の科学-風化と侵食-』 朝倉書店 2008年 第1版
7)松倉公憲 『山崩れ・地すべりの力学』 筑波大学出版会 2008年 第1版
8)遠藤・山川・藁谷編 『極圏・雪氷圏と地球環境』 二宮書店 2010年
その他、講義中に指示する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(50%)、中間報告書(50%)
授業参画度は、口頭発表の内容・回数、討論への参加状況などとする。
オフィスアワー 8号館4階A406室 金曜6時限目(事前に連絡すること)
備考 授業計画を参考にして,参考書やインターネットなどから事前に基礎知識を準備するとともに,それらを事後学修の補強に役立てること。また,BlackBoardには,配布資料がアップロードされているので,必ず授業前に目を通し,印刷して授業時に持参してください。

このページのトップ