文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 総合 I 群 > 地球科学
日本大学ロゴ

地球科学

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 地球科学
令和元年度以前入学者 地球科学
教員名 田中明子
単位数    2 学年 1~4 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 総合教育科目
学期 後期 履修区分 選択
授業の形態 遠隔授業の場合は,オンデマンド型.

BlackboardコースID:20210141
授業概要 - 固体地球科学入門 - 地球の現在と進化を地球物理学・物質学的側面から理解を深める.
授業のねらい・到達目標 地球で起きるさまざまな現象やその過程を理解できるようになる。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6, 及びカリキュラムポリシーCP9に対応している。

なお、新カリキュラム(令和2年度以降の入学者)では、この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP2,3,4 およびカリキュラムポリシーCP2,3,4 に対応している。
・現代社会における科学技術の役割を説明することができる。(A-2-1)
・仮説に基づく課題や問題を提示し,客観的な情報を基に,論理的・批判的に考察することの重要性を説明できる。(A-3-1)
・事象を注意深く観察して,解決すべき問題を認識できる。(A-4-1)
授業の方法 授業の形式:【講義】
講義中に配布する資料や紹介する参考書などをもとに講義し,授業内テストやレポート作成も適宜実施する.
授業計画
1 はじめに[講義のテーマや流れと到達目標などの説明]【オンデマンド型 もしくは 対面】
惑星としての地球
【事前学習】不要 (0時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
2 地球の形【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
3 重力【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
4 電磁気的性質【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
5 地震波で見る地球内部構造【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
6 地球内部構造【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
7 地形・熱流量・磁気異常【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
8 プレート・テクトニクス - プレートとは【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
9 プレート・テクトニクス - プレート運動【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
10 プレート・テクトニクス - プレート境界【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
11 プレート・テクトニクス ‒ 残された問題など【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
12 地震活動【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (2時間)
13 火山活動【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (3時間)
14 日本列島の生い立ち【オンデマンド型 もしくは 対面】
【事前学習】講義内容に関することを予め調べておくこと (2時間)
【事後学習】講義内容を復習しておくこと (4時間)
15 授業内テストとその解説【対面】
【事前学習】講義全体を復習しておくこと (3時間)
【事後学習】不要 (時間)
その他
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、レポート(20%)、授業内テスト:中間試験(20%)
オフィスアワー 遠隔授業の場合は,e-mail を用いて適宜.
対面授業の場合は,講義終了後適宜.

このページのトップ