文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 総合 II 群 > 言語と文化4
日本大学ロゴ

言語と文化4

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 言語と文化4
教員名 ラヴェルイザベル
単位数    2 学年 1~4 開講区分 文理学部
科目群 総合教育科目
学期 前期 履修区分 選択
授業の形態 Blackboardによるオンデマンド型の遠隔授業と、もし可能であれば(30名以下の場合)、Zoomによる同時双方向型(45­-50分程度)も用いる。Blackboard ID: 20210155
授業概要 ことばはわたしたちのものの見方や行動に影響を与えている。この授業では、フランス語がどのように使われるか具体的な例を通してフランス文化の理解を深める。文学・歴史・メディアなど、様々な分野を通して多面的なフランス社会の成り立ちを探る。フランスに関心のある学生を対象としており、フランス語を履修している必要はない。
授業のねらい・到達目標 この授業は、フランスに関する知識と関心を深めることを目標とする。この授業を通じて、異文化理解への第一歩を踏み出すことができると同時に、歴史と文学などの分野で役立つ基礎知識を学ぶことができる。この授業の基本的目標は、以下の3点になる。
・異文化を知ることは現代社会の理解に役立つか、という問題について、自分なりの意見を持てるようになること
・フランスの近現代史のアウトラインを理解すること
・フランス社会の現状のうち、いくつかの点について理解を深めること。
この科目は文理学部のディプロマポリシーDP2, 3, 6, 及びカリキュラムポリシーCP2, 3, 6に対応している。(A-2-2, A-3-2, A-6-2).
授業の方法 授業の形式:【講義】

Blackboardを通してオンデマンド教材を配信する(テキストとPowerPointスライド)。受講生はその教材を学修し、所定の方法で課題の解答やレポートを提供する。また、Zoomによる同時双方向型の授業に出席すること。
授業計画
1 オリエンテーション
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】なし (0時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
2 比較文化の中のフランス1:日本から見たフランス
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
3 比較文化の中のフランス2:「想像の共同体」としての国家
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
4 フランスに関するイメージ
同時双方向型授業
【事前学習】同時双方向型授業の準備 (2時間)
【事後学習】同時双方向型授業内容の復習 (1時間)
5 フランス語の歴史とフランスの言語政策
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
6 国際的な言語としてのフランス語1:啓蒙主義
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
7 国際的な言語としてのフランス語2:フランス革命
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
8 21世紀における国際的な言語としてのフランス語の立場
同時双方向型授業
【事前学習】同時双方向型授業の準備 (2時間)
【事後学習】同時双方向型授業内容の復習 (1時間)
9 文学大国としてのフランス1:19世紀小説
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
10 文学大国としてのフランス2:19世紀詩歌
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
11 文学大国としてのフランス3:20世紀
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
12 フランス文学の魅力とは?
同時双方向型授業
【事前学習】同時双方向型授業の準備 (2時間)
【事後学習】同時双方向型授業内容の復習 (1時間)
13 植民地としてのフランス:「フランス語圏」とは
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
14 移民文化としてのフランス文化
オンデマンド型遠隔授業
【事前学習】テキストの学習 (2時間)
【事後学習】小課題の提出 (1時間)
15 最終ディスカッション
同時双方向型授業
【事前学習】同時双方向型授業の準備 (2時間)
【事後学習】なし (0時間)
その他
教科書 教科書は使用しない。プリントを配布する。
成績評価の方法及び基準 レポート:学期末レポート(40%)、授業参画度:毎回オンデマンド型遠隔授業の後課題を提出・同時双方向型授業への参加(60%)
オフィスアワー Blackboardとメールにて。

このページのトップ