文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 総合 II 群 > 身体の健康
日本大学ロゴ

身体の健康

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 身体の健康
令和元年度以前入学者 健康の科学1
教員名 松本 恵
単位数    2 学年 1~4 開講区分 文理学部
(実務経験のある教員による科目)
科目群 総合教育科目
学期 前期 履修区分 選択
授業の形態 オンデマンド型の遠隔授業と課題研究を組み合わせる。Blackboardに動画資料、課題等を提示します。

BlackboardコースID:火曜3限→20210226
授業概要 心身の健康のための実践的な食事や運動について科学的根拠を基に最新の方法を解説する。担当教員のスポーツ現場での医療従事者(管理栄養士)としての実務経験やスポーツフード開発に関わった経験を基に、身体の健康について解説する。
授業のねらい・到達目標 ①加齢に伴い生活習慣病の発症率も高まってくるが、健康保持、増進のためにはどうあるべきかを理解(A-1-1~2)してもらう。
②日本における健康問題の諸相を明らかにし、健康獲得の方法について考察(A-3-1)する。
③健康を維持、増進するための食生活について科学的根拠をもとに正しい知識(A-4-1)を得る。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3, DP4, DP5及びカリキュラムポリシーCP3, CP4, CP5に対応しています
授業の方法 授業の形式:【講義】
①Blackboard上で提示するプリント・ビデオ・標本を用いて自分の身体構造、機能を知ってもらい、運動不足・オーバーカロリーによる問題点など、食と健康についての科学的根拠や最新の情報を解説する。
②毎授業の疑問点・質問はBlackboardで受け付け、次回のオンデマンド資料にて、客観的かつ科学的方法に立って健康問題を究明していけるようにフィードバックとして解説する。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 なし。
授業計画
1 ガイダンス  (授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)(A-1)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】シラバスを確認し、授業全体の流れを理解しておく。(1.5時間)
【事後学習】講義計画を確認しておく。(1.5時間)
2 食生活と健康の基本(A-1, A-2, A-3)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】自身の食事を記録しておく。(2時間)
【事後学習】自身の食事の改善点をまとめる。(2時間)
3 食べ物の消化吸収 三大栄養素(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】三大栄養素を調べておく。(2時間)
【事後学習】三大栄養素の吸収メカニズムを復習しておく。(2時間)
4 食べ物の消化吸収 ビタミン・ミネラル(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】ビタミンとミネラルについて調べておく。(2時間)
【事後学習】ビタミン・ミネラルの吸収メカニズムを復習しておく。(2時間)
5 消化管の役割 大腸のはたらき(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】自身のおなかの調子を記録しておく。(2時間)
【事後学習】大腸の働きについて復習しておく。(2時間)
6 大腸の健康① 大腸がんについて(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】大腸がんについて調べておく。(2時間)
【事後学習】大腸がんを防ぐ方法について復習しておく。(2時間)
7 大腸の健康② プレバイオ・プロバイオティクスとは(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】プレバイオ・プロバイオティクスを調べておく。(2時間)
【事後学習】プレバイオ・プロバイオティクス製品を見つけてみよう(2時間)
8 運動と消化管機能(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】運動中のおなかの調子について調べておく。(2時間)
【事後学習】運動と消化管機能について復習しておく。(2時間)
9 運動と大腸がん(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】大腸がんについて調べておく。(2時間)(2時間)
【事後学習】大腸がんの予防について復習しておく。
10 認知症予防の食生活(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】認知症について調べておく。(2時間)
【事後学習】認知症予防について復習しておく。(2時間)
11 サプリメントと食生活(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】サプリメントについて調べておく。(2時間)
【事後学習】身近なサプリメントを確認してみる。(2時間)
12 メンタルヘルスと食事(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド授業・課題)

【事前学習】摂食障害について調べておく。(2時間)
【事後学習】摂食障害の予防について復習しておく。(2時間)
13 理解度の確認(A-1,A-3,A-4)(課題研究)

【事前学習】理解度が足りなかった点についてまとめておく。(2時間)
【事後学習】理解できていなかった点をまとめておく。(2時間)
14 これまでの講義内容・フィードバックを確認する。(A-1,A-3,A-4)(オンデマンド・課題研究)

【事前学習】質問をまとめておく。(3時間)
【事後学習】回答をまとめておく。(3時間)
15 最新の健康のための食生活について調べる。(A-1,A-3,A-4)(課題研究)

【事前学習】健康について最新のトピックスを検索する。(3時間)
【事後学習】自身の生活と健康について改善点をまとめる。(3時間)
その他
参考書 必要に応じて資料を配布する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(50%)、授業参画度(20%)
授業参画度は,Blackboardのオンデマンド資料の視聴状況と、毎回のリアクションペーパー等で授業参画度を評価します(A-3,A-4)。授業内テストは,中間試験,期末試験,小テスト等をBlackboard上でチェックテストとして実施し、合わせて評価します(A-1)。レポート内容は授業内容に関する調査をまとめてもらいます。内容・提出方法は授業内で指示します。
オフィスアワー Blackboard上で対応する。

このページのトップ