文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 哲学科 > 宗教史4
日本大学ロゴ

宗教史4

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 宗教史4
令和元年度以前入学者 宗教史4
教員名 舘野正美
単位数    2 学年 1・2 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 哲学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業の形態 講義形式
Blackboard コースID:20211176
授業概要 中国における宗教史は、所謂「三教交渉史」、即わち「儒教」「道教」「(中国)仏教」の3つの宗教の複雑な影響関係である。この「三教」は、それぞれ「儒教」:〈天〉、「道教」:〈道〉、「仏教」:〈法〉という基本概念のもとに宗教哲学的理論を展開する。ここでは、その1つである「道教」の宗教思想の根底を流れる〈道〉の思想哲学を勉強する。先ずその基盤となる〈道〉を明確に捉えることが要訣であると考えられるからである。
そこで更に具体的には、時代が下るにつれて神格化される人物である老子と荘子の言葉を読み解き、そこに流れる深い人間理解の実際を見て行くことを通じて、その〈道〉について理解を深めてゆく。
授業のねらい・到達目標 老子と荘子の哲学的思惟を読み解き、人間の真のあり方や生き方について理解し実践出来るようにすることを目指してゆく。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP1,2及びカリキュラムポリシーCP1,2に対応しています。
〇真・善・美・聖の探求から得られた知識と教養に基づいて、人間と社会の倫理的な課題を理解し、説明することができる。(A-1-2)
〇思想・芸術・宗教の観点から、世界の現状を、その歴史的背景とともに理解することができる。(A-2-2)
授業の方法 授業の形式:【講義】
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1 ガイダンス 授業の内容や方法について説明する
【事前学習】シラバスを読んでおくこと (2時間)
【事後学習】次回に備えて、本日の講義を確認しておくこと (2時間)
2 老子の思想背景
【事前学習】老子の思想背景について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.9-19) (3時間)
【事後学習】老子の思想背景について復習すること (1時間)
3 老子における相対観
【事前学習】老子における相対観について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.20-27) (3時間)
【事後学習】老子における相対観について復習すること (1時間)
4 老子の無為
【事前学習】老子の無為について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.28-40) (3時間)
【事後学習】老子の無為について復習すること (1時間)
5 老子の〈道〉
【事前学習】老子の〈道〉について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.41-55) (3時間)
【事後学習】老子の〈道〉について復習すること (1時間)
6 老子の〈徳〉
【事前学習】老子の〈徳〉について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.56-67) (3時間)
【事後学習】老子の〈徳〉について復習すること (1時間)
7 老子の思想―まとめ
【事前学習】前回までの内容をよく見ておくこと (2時間)
【事後学習】今回の内容をよく復習すること (2時間)
8 荘子の思想背景
【事前学習】荘子の思想背景について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.93-96) (3時間)
【事後学習】荘子の思想背景について復習しておくこと (1時間)
9 荘子における相対観について
【事前学習】荘子における相対観について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.97-113) (3時間)
【事後学習】荘子における相対観について復習すること (1時間)
10 荘子の〈万物斉同〉
【事前学習】荘子の〈万物斉同〉について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.114-124) (3時間)
【事後学習】荘子の〈万物斉同〉について復習すること (1時間)
11 荘子の〈胡蝶の夢〉
【事前学習】荘子の〈胡蝶の夢〉について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.185-206) (3時間)
【事後学習】荘子の〈胡蝶の夢〉について復習すること (1時間)
12 荘子の〈渾沌〉神話
【事前学習】荘子の〈渾沌〉神話について予習してくること(『老荘の思想を読む』pp.207-218) (3時間)
【事後学習】荘子の〈渾沌〉神話について復習すること (1時間)
13 荘子の思想―まとめ
【事前学習】前回までの内容をよく見ておくこと (3時間)
【事後学習】今回の内容をよく復習すること (1時間)
14 全体のまとめの試験と振り返り
【事前学習】前回までの内容をよく勉強しておくこと (3時間)
【事後学習】今回、学修した内容を整理しておくこと (3時間)
15 老荘思想の概観―これまでの復習と解説
【事前学習】これまでの内容をよく見ておくこと (1時間)
【事後学習】これまで学んだ内容を振り返り、老子と荘子の思想についての自分の理解が深まり、人間の心と身体についての洞察ができたかどうか反省すること (1時間)
その他
教科書 舘野正美 『老荘の思想を読む (あじあブックス61)』 大修館 2016年 第3版
参考書 舘野正美 『中国古代思想窺見』 汲古書院 2008年 第1版
成績評価の方法及び基準 試験(100%)
*授業達成目標の A-3-1 と A-4-1 は、授業における学修の積み重ねの結果、授業の最後に達成されます。従って、その評価は、厳密な最終試験を以って行なわれます。

オフィスアワー メールやBlackboardを用いて質問を受けます。
備考 絶対条件ではありませんが、高校卒業程度の漢文の読解力が必要とされます。少なくとも、中国の古典文を読んで理解しなければならない、という覚悟だけはしておいて下さい。

このページのトップ