文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 哲学科 > 哲学演習3
日本大学ロゴ

哲学演習3

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 哲学演習3
令和元年度以前入学者 哲学演習3
教員名 鈴木生郎
単位数    1 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 哲学科
学期 前期 履修区分 選択必修
授業の形態 同時双方型授業(Zoomを使用)と課題研究型授業を組み合わせて行います。BlackBoard ID: 20211185
授業概要 現代の分析哲学の文献を読む
授業のねらい・到達目標 この授業では、現代の分析哲学の著作を精読することで、次の能力を養成することを目指します。
(1) 資料の要点を捉えてまとめ、まとめた内容を的確に発表することができる。(A-6-2、A-7-2)
(2) わからない部分について、調査することができる(A-5-2)
(3) 内容について、ディスカッションを通じて論理的に評価することができる。(A-3-3, A-8-2)

この科目は文理学部(学士文学)のDP及びCP3, 5, 6, 7, 8, に対応しています。
・自他の主張や論証を論理的・批判的に考察して,既存の見解を問い直すことができる。(A-3-3)
・人間の生き方や現代社会のあり方を問い直し,自らの思想的課題を設定して,それに挑戦することができる。(A-5-2)
・自分の意見を他人に対してわかりやすく伝えることができる。(A-6-2)
・学修活動のみならず,日常生活においても,より良い成果を上げるために,お互いを尊重しながら協働することができる。(A-7-2)
・他者の評価を謙虚に受け止めながら,自分の学修経験を振り返り,分析していくことができる。(A-8-2)
授業の方法 本年度は、前期・後期を通じて、ジュリア・アナス『徳は知なり』を教科書として使用します。授業は次のように進めます。
(1) 本書の各節ごとに担当者を割り当て、レジュメを作成してメールで提出していただきます。(Onedriveを使用)
(2) 次回にオンラインで内容を解説し、ディスカッションをします。調べるべき部分については、リサーチとして調査をしていただきます。
(3) 学期の最後には、本書の議論を題材に、自身の考えを述べるレポートを作成していただきます。
みなさんの積極的な参加を期待しています。
授業計画
1 ガイダンス:授業の進め方、教科書について(オンライン)
【事前学習】教科書の序文と訳者解説を読み、大まかな見通しをつけておくこと。 (1時間)
【事後学習】配布資料を確認し、授業の受け方について復習しておくこと (1時間)
2 レジュメの作り方、発表の仕方の確認。リサーチの仕方。(オンライン)
【事前学習】教科書序文を題材とするので、事前に読んで疑問点を確認しておくこと (1時間)
【事後学習】レジュメの作り方、リサーチの方法についてまとめておくこと (1時間)
3 第2章「徳、性格、傾向性」のレジュメと発表の準備および提出(A-6-2、A-7-2)(課題研究)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】レジュメを完成させアップロードすること。 (2時間)
4 第2章「徳、性格、傾向性」の発表及び内容の検討(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (第3章担当者、リサーチ担当者は担当準備) (2時間)
5 第3章「技能を要する行為と有徳な行為」の発表及び内容の検討(1)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメ・リサーチを行い、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
6 第3章「技能を要する行為と有徳な行為」の発表及び内容の検討(2)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
7 第3章「技能を要する行為と有徳な行為」の発表及び内容の検討(3)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメ・リサーチを行い、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
8 第3章「技能を要する行為と有徳な行為」の発表及び内容の検討(4)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと(第4章担当者、リサーチ担当者は担当準備) (2時間)
9 第4章「徳の力はどこまで届くか」の発表及び内容の検討(1)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメ・リサーチを行い、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
10 第4章「徳の力はどこまで届くか」の発表及び内容の検討(2)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと(第5章担当者、リサーチ担当者は担当準備) (2時間)
11 第5章「徳とよろこび」の発表及び内容の検討(1)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメ・リサーチを行い、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
12 第5章「徳とよろこび」の発表及び内容の検討(2)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
13 第5章「徳とよろこび」の発表及び内容の検討(3)(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメ・リサーチを行い、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
14 これまでの内容のまとめとリサーチ発表(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】担当者はレジュメを作成し、その他の人は該当箇所を読み疑問を確認すること (2時間)
【事後学習】扱った箇所の内容を復習し、簡単ににまとめておくこと (2時間)
15 レポート準備(A-3-3, A-8-2)(オンライン)
【事前学習】レポートの書き方について確認しておくこと (2時間)
【事後学習】課題に従ってレポートを作成すること (6時間)
その他
教科書 ジュリア・アナス 『徳は知なり』 春秋社 2019年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
授業参画度は、レジュメおよびリサーチによって評価します。
オフィスアワー メールないしは授業時にアポイントメントをとってください。

このページのトップ