文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 哲学科 > 倫理学課題研究5
日本大学ロゴ

倫理学課題研究5

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 倫理学課題研究5
令和元年度以前入学者 倫理学課題研究5
教員名 永井均
単位数    1 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 哲学科
学期 前期 履修区分 選択必修
授業の形態 基本的にはzoomによる遠隔授業だが、対面授業を織り交ぜる予定。
対面授業は、事前に相談して、全員が参加できる形でおこなう。
詳細はブラックボードで連絡する。
少なくとも初回はzoomによる。
BlackboardID:20211207
授業概要 後期の倫理学課題研究6と繋げて、基本的には森岡正博『生れてこないほう良かったのか?』をメイン・テキストとして反出生主義をめぐる諸問題ついて考察するが、
前期は、ある程度進んだところで、現在制作中の森岡氏と私の共著の中の森岡氏執筆の部分を、この問題の哲学的基礎を考察するための材料として挿入して、それを検討する。
授業のねらい・到達目標 この本は倫理学の最も深い基盤の部分が問題にされており、それは最も興味深い部分でもあります。これを深く検討することによって倫理学の根底を知るとともに、そもそも生きている意味とは何かという問題も考える。

この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシー DP 及びカリキュラムポリシー CP の3, 5, 6, 7, 8 に対応しています。
・自他の主張や論証を論理的・批判的に考察して,既存の見解を問い直すことができる(A-3-3)。
・自らの思想的課題に取り組むために必要な情報を収集し,それを分析して用いることができる (A-5-3)。
・さまざまな人とコミュニケーションをとり,傾聴力と発表力に基づいて,合理的な議論を推進することができる(A-6-3)。
・さまざまな集団活動において,より良い成果を上げるために,指導者として他者と協働し,作業を行う姿勢を示すことができる(A-7-3)。
・自分の学修経験を振り返り分析して,今後の改善計画を立てることができる(A-8-3)。
授業の方法 演習形式。テキストを読みつつ、読んだ部分について議論していきます。
(対面授業は全員が参加できる形でおこないます。)
授業計画
1 第一章 「お前は生きなければならない」
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
2 第二章の1 オイディプス王
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
3 第二章の2 ベネターの立場
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
4 第三章の1 ショーペンハウワーの立場
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間30分)
5 第三章の2 生きんとする意志
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
6 第三章の3 無意志
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
7 第三章の4 自殺について
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
8 森岡正博による独在論のイントロダクション(1)
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
9 森岡正博による独在論のイントロダクション(2)
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
10 森岡正博の独在論  1,〈私〉の哲学はどのようにして始まったか
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
11 2、〈私〉の哲学の展開
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
12 3,森岡の「独在的存在者」の概念
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
13 4、現実性と独在性
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
14 5,読み換えと独在性
【事前学習】テキストの当該分を読んで自分なりの問題意識を持つこと (1時間)
【事後学習】テキスト読み返して問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
15 全体のまとめ(A-3-3,A-5-3,A-6-3,A-7-3,A-8-3)
【事前学習】全体について自分なりの問題を持つこと (1時間)
【事後学習】問題が解決したかどうかを確認すること (1時間)
その他
教科書 森岡正博 『生れてこないほうが良かったのか (ちくま選書)』 筑摩書房 2020年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度は、授業に対する貢献度(主として発言の頻度と的確さ)による。
本授業の達成目標である「A-3-3」、「A-5-3」、「A-6-3」、「A-7-3」、「A-8-3」のいずれも、授業での学修を積み重ねた結果、本授業の最後に達成される。そして、その評価は、授業参画度によって行われる。
オフィスアワー 金曜13時~

このページのトップ