文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 固体スペクトロスコピー
日本大学ロゴ

固体スペクトロスコピー

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 固体スペクトロスコピー
令和元年度以前入学者 固体スペクトロスコピー
教員名 橋本拓也
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業の形態 オンデマンド型で実施予定ではあるが、状況が改善すれば対面で行う。対面で出来ない学生については相談に応じます。
BlackboardのID:20214111
授業概要 光と物質の相互作用を用いて固体の性質を研究する方法を理解する。
授業のねらい・到達目標 多岐にわたる固体スペクトロスコピーの実例や理論、実験手法を理解することによって、自分の研究にスペクトロスコピーが応用できることが理解できるようになる。
授業の方法 講義形式。出席代わりの課題を毎回出します。
授業計画
1 光の分類
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
2 光で判る物質の性質ー結晶構造
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
3 光で判る物質の性質ー電子構造
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
4 光と物質の相互作用ー吸収・透過・屈折・回折
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
5 ガンマ線吸収による分析ーメスバウアー分光
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
6 X線吸収による分析ーXANESおよびEXAFS
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解てくること。 (4時間)
7 X線回折による分析ー結晶構造解析
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
8 中性子・電子による回折による分析ー結晶構造解析
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
9 紫外・可視光の吸収ー電子状態の解析
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
10 紫外・可視光の反射による分析ー電子状態の解析
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
11 赤外線吸収測定ー分子構造の解析
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
12 磁場との組み合わせー電子スピン共鳴
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
13 磁場との組み合わせー核磁気共鳴
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
14 分光測定の実際
事前学習の必要は特になし。配布プリントを復習すること。
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
15 講義内容をまとめてー自分の研究への応用の可能性
各自、自分の研究にスペクトロスコピーがどう使用可能かをまとめてくること
【事後学習】資料の読み直しと課題を解いてくること。 (4時間)
その他
教科書 適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度:毎回の課題には必ず回答のこと(100%)
オフィスアワー 講義終了後メールまたはBlackboard上で受け付ける。

このページのトップ