文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 物理学特別研究Ⅰ・Ⅲ
日本大学ロゴ

物理学特別研究Ⅰ・Ⅲ

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 物理学特別研究Ⅰ・Ⅲ
教員名 十代健
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業の形態 主に対面型授業(実験・計算実技)
授業概要 ナノテクノロジー・ナノサイエンス(特にブラウン運動)の実験的・理論的研究
授業のねらい・到達目標 ナノサイエンスの研究、特にブラウン運動による溶液内の揺らぎに関する研究を通して、物理学の理解を深め、最先端の研究の進め方、課題の克服方法を身につける。
授業の方法 授業の形式:【研究,ゼミ】

指導は,研究の動機づけ,研究計画の立案,実験操作,結果の解釈と研究計画の再検討とから成る。
実験ノートをしっかり記述し、実験結果が再現できることが重要である。
来校不可の学生に対しては、Pythonプログラミングを遠隔で指導し、実験データの収集・解析コードを作成する。
授業計画
1 実験テーマ決定のためのディスカッション【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
2 ナノサイエンス実験(1)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
3 ナノサイエンス実験(2)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
4 ナノサイエンス実験(3)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
5 ナノサイエンス実験(4)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
6 ナノサイエンス実験(5)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
7 ナノサイエンス実験(6)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
8 第2回から第7回までの実験結果のまとめとディスカッション
第9回以降の実験方針を議論する【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
9 ナノサイエンス実験(7)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
10 ナノサイエンス実験(8)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
11 ナノサイエンス実験(9)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
12 ナノサイエンス実験(10)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
13 ナノサイエンス実験(11)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
14 ナノサイエンス実験(12)【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
15 実験結果のまとめとディスカッション
これまでの結果を整理して新規に得られた知見をまとめる。【対面またはオンライン授業】
【事前学習】日頃から研究の最新動向に気を配る (2時間)
【事後学習】実験ノートにしっかりとまとめる (2時間)
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は研究室での実験操作・データ解析(遠隔での実施を含む)で評価する。
オフィスアワー 8号館1階A115十代研究室(随時)Zoomでも対応可

このページのトップ