文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 生命科学特別研究Ⅰ・Ⅲ
日本大学ロゴ

生命科学特別研究Ⅰ・Ⅲ

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 生命科学特別研究Ⅰ・Ⅲ
教員名 斎藤稔
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業の形態 Zoomを用いた「同時双方向型オンライン授業」,「課題研究」(メールやBlackboardによる学習資料の配信)とキャンパス入構制限内での「対面型授業」(研究室での実験・研究)を行う。
Blackboard ID:火曜4限→ 20214169
授業概要 脳の学習・記憶機構
授業のねらい・到達目標 統計力学や複雑系科学の方法を用いて、自然界の基本的な相互作用をもとに、生体の基本要素をなす脳・神経系や生体分子の機構の解明を目指す。
授業の方法 授業の形式:【研究,ゼミ】
実験、モデル計算、シミュレーション等を積み重ねて、研究・実験を行う。各学生は研究経過や成果を進捗状況に応じて指導教員に報告し、共に討論を行う。
実施した実験、モデル計算、シミュレーション等で取得したデータは研究ノートに整理・記録し、内容について考察する。指導教員に報告し討論する際には、報告用のスライドを準備しておく。
授業計画
1 ガイダンス:研究計画立案についての説明(オンライン授業)
【事前学習】シラバスを事前に確認すること (2時間)
【事後学習】研究分野の動向を把握すること (2時間)
2 研究計画の検討1(課題研究)
【事前学習】研究課題に対する具体的な研究内容を検討しておくこと (2時間)
【事後学習】研究課題に関して、書籍・論文などを参照し、その背景を学んでおくこと (2時間)
3 研究計画の検討2(課題研究)
【事前学習】研究課題に対する具体的な研究内容を検討しておくこと (2時間)
【事後学習】決定した研究課題・研究内容に従って、研究を開始する (2時間)
4 研究手法の検討1(課題研究)
【事前学習】研究課題に対する具体的な研究手法を検討しておくこと (2時間)
【事後学習】書籍・論文などを参照し、具体的な研究手法を学んでおくこと (2時間)
5 研究手法の検討2(課題研究)
【事前学習】研究課題に対する具体的な研究手法を検討しておくこと (2時間)
【事後学習】書籍・論文などを参照し、具体的な研究手法を学んでおくこと (2時間)
6 進捗状況の報告と結果の検討1(オンライン授業)
【事前学習】進捗状況を報告できるように実験データをまとめておくこと (2時間)
【事後学習】報告に対するコメント・質問事項をノートにまとめておくこと (2時間)
7 進捗状況の報告と結果の検討2(オンライン授業)
【事前学習】進捗状況を報告できるように実験データをまとめておくこと (2時間)
【事後学習】報告に対するコメント・質問事項をノートにまとめておくこと (2時間)
8 進捗状況の報告と結果の検討3(オンライン授業)
【事前学習】進捗状況を報告できるように実験データをまとめておくこと (2時間)
【事後学習】報告に対するコメント・質問事項をノートにまとめておくこと (2時間)
9 進捗状況の報告と結果の検討4(オンライン授業)
【事前学習】進捗状況を報告できるように実験データをまとめておくこと (2時間)
【事後学習】報告に対するコメント・質問事項をノートにまとめておくこと (2時間)
10 研究結果のまとめと考察1(課題研究)
【事前学習】現状の研究成果をまとめておくこと (2時間)
【事後学習】研究成果発表の資料を作成すること (2時間)
11 研究結果のまとめと考察2(課題研究)
【事前学習】現状の研究成果をまとめておくこと (2時間)
【事後学習】研究成果発表の資料を作成すること (2時間)
12 研究結果のまとめと考察3(課題研究)
【事前学習】現状の研究成果をまとめておくこと (2時間)
【事後学習】研究成果発表の資料を作成すること (2時間)
13 研究発表内容の検討1(課題研究)
【事前学習】研究成果発表の資料を作成すること (2時間)
【事後学習】作成した発表資料へのアドバイスをもとに資料を修正すること (2時間)
14 研究発表内容の検討2(課題研究)
【事前学習】研究成果発表の資料を作成すること (2時間)
【事後学習】作成した発表資料へのアドバイスをもとに資料を修正すること (2時間)
15 研究成果発表(オンライン授業)
【事前学習】研究成果発表の資料を完成させ、発表の準備をしておくこと (2時間)
【事後学習】発表の際に受けたコメント・質問事項の内容を検討し、その後の研究に反映させる (2時間)
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(50%)、研究成果(50%)
「授業参画度」として普段の研究活動およびセミナーに対する姿勢を評価する。既存の知見を学ぶ姿勢,世界的な動向を学び,取り入れる姿勢,実験結果から情報を読み取る姿勢,問題を解決する姿勢,新たな実験に挑戦する姿勢,研究室内外のメンバーと議論しながら協働して研究をすすめる姿勢,他者からのコメントを研究に反映させる姿勢を評価する。
オフィスアワー メールやBlackboardなどを用いて、あるいは本館6階606号室(斎藤研究室・随時)で質疑応答する

このページのトップ