文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 生命科学特別講究Ⅱ・Ⅳ
日本大学ロゴ

生命科学特別講究Ⅱ・Ⅳ

このページを印刷する

令和2年度以降入学者 生命科学特別講究Ⅱ・Ⅳ
教員名 末永敦
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業の形態 同時双方向型授業(Zoomによるライブ中継等、10回)、オンデマンド授業(Blackboardを通じた学習資料の配信、1回)、および課題研究(メールやBlackboardを通じた学習課題の配信、4回)を組み合わせて行う。状況により、一部対面授業を行う可能性がある。
Blackboard ID:20214195(後期・金曜・3限目)
授業概要 生体高分子の動的性質に関する理論的研究(構造生物学・生体情報学・生物物理学)
授業のねらい・到達目標 生体高分子の動的性質に関する理論的研究における基礎的素養を身につけること、および国内外の研究状況を把握できるようになることを目的とし、該当分野における最新論文を読むことで世界的な最先端研究を理解することができる。
授業の方法 授業の形式:【講究,ゼミ】
初回の授業は、オンデマンド授業によるガイダンスを行う。
続いて、課題研究として、自身の研究テーマに関連する国内外の論文や総説などの情報を収集し、研究室のメンバーと共にオンラインを介した輪読形式による解読や、各回の決められた担当者が、研究室のメンバーに対してプレゼンテーションをオンラインを介して行い、討論するといったセミナー形式の授業を行う。
なお、本授業の事前・事後学習は、それぞれ1時間の学習を目安とします。

対面授業になった場合の参加困難者への対応:
個別に対面授業内容と同等のZoomやメール、オンデマンド教材の配布を行う。
その場合、成績には影響しない。
授業計画
1 ガイダンス(オンデマンド授業)
【事前学習】生体高分子にはどのようなものがあるのか調査しておく (1時間)
【事後学習】生体高分子の構造と機能の関連性について十分に復習をしておく (1時間)
2 構造生物学に関する最新論文の発表と議論1(課題学習)
【事前学習】生体高分子の構造について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
3 構造生物学に関する最新論文の発表と議論2(オンライン授業)
【事前学習】生体高分子の構造について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
4 構造生物学に関する最新論文の発表と議論3(オンライン授業)
【事前学習】生体高分子の構造について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
5 構造生物学に関する最新論文の発表と議論4(オンライン授業)
【事前学習】生体高分子の構造について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
6 生体情報学に関する最新論文の発表と議論1(課題学習)
【事前学習】生体情報学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
7 生体情報学に関する最新論文の発表と議論2(オンライン授業)
【事前学習】生体情報学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
8 生体情報学に関する最新論文の発表と議論3(オンライン授業)
【事前学習】生体情報学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
9 生体情報学に関する最新論文の発表と議論4(オンライン授業)
【事前学習】生体情報学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
10 生物物理学に関する最新論文の発表と議論1(課題学習)
【事前学習】生物物理学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
11 生物物理学に関する最新論文の発表と議論2(オンライン授業)
【事前学習】生物物理学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
12 生物物理学に関する最新論文の発表と議論3(オンライン授業)
【事前学習】生物物理学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
13 生物物理学に関する最新論文の発表と議論4(オンライン授業)
【事前学習】生物物理学について調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
14 分子シミュレーションを用いた最新研究に関する重要論文の発表と議論1(課題学習)
【事前学習】分子シミュレーションについて調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
15 分子シミュレーションを用いた最新研究に関する重要論文の発表と議論2(オンライン授業)
【事前学習】分子シミュレーションについて調査しておく (1時間)
【事後学習】発表内容について十分に復習をしておく (1時間)
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(50%)、発表の完成度(50%)
分かりやすい資料作成・発表に対しての工夫度も評価する。また、オンライン授業への参加状況、毎回の研究ディスカッション等に対する質疑応答の様子などを「授業参画度」として評価する。
オフィスアワー 本館 5階 502。質問はメールやブラックボードから行う。対面での質問を希望する場合、事前にアポイントをとること。アポイントの取り方については第一回のガイダンス時に説明する。

このページのトップ