文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 総合 II 群 > 健康・スポーツ実践1~12(スポーツチャンバラ)
日本大学ロゴ

健康・スポーツ実践1~12(スポーツチャンバラ)

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 健康・スポーツ実践1~12(スポーツチャンバラ)
教員名 川井 良介
単位数    1 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 総合教育科目
学期 後期 履修区分 選択
授業の形態 主としてオンデマンド型授業(録画授業配信)と一部対面型授業(3回)

 BlackboardのコースID:金曜日2限➝20211059、金曜日3限➝20211060
授業概要 日本スポーツチャンバラ協会公認インストラクターAのライセンスを保有し、各年代でスポーツ指導の経験を有する教員が、その経験と知識を活かして、スポーツチャンバラや心身を健康に保つための身体運動等を講義する。スポーツ活動(身体運動含む)は、体力や健康の獲得だけではなく、様々な課題発見・解決能力、社会で必要とされるコミュニケーション力、自主性、協働性等を身につけることにつながる。これらの獲得を目指すとともに、健康に対する意識の変化へとアプローチし、運動の楽しさを享受するとともに生涯にわたる運動習慣を定着させることを目的とする。
授業のねらい・到達目標 ・スポーツチャンバラを中心とした様々な身体活動を通じて、体力や健康の獲得、課題発見・解決能力、挑戦力、コミュニケーション力、リーダーシップ、協働力を養成する。
・スポーツを楽しむ態度を身につけ、体力や健康に関する理解を深め主体的に健康行動を実践し、健康な生活習慣を身につけることができる。
・経験や学修から得られた豊かな知識と教養に基づいて,倫理的な課題を理解し説明することができる。(A-1-1)
・新しいことに挑戦する気持ちを持つことができる(A-5-1)。
・親しい人々とのコミュニケーションを通じて相互に意思を伝達することができる(A-6-1)。
・集団の活動において、より成果を上げるために、お互いを尊重することができる(A-7-1)。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP1、DP5、DP6、DP7及びカリキュラムポリシーCP1、CP5、CP6、CP7に対応しています。
授業の方法 授業の形式:【実技】
主として、Blackboardで提示した授業資料の説明動画を閲覧し、各自、内容を整理したり、実際に身体を動かす。質問があれば、掲示板に記入する(適宜、教員からフィードバックを行う)。また、小レポートや実技動画の作成等を課すこともある。課題の提出方法、フィードバック方法等については、授業開始時に提示する。
1)遠隔授業
PC上で授業資料を説明しているものを録画し、オンデマンド資料として提示する。
(適宜、実際に担当教員が運動している様子を録画したものをオンデマンド資料として使用する場合もある。)
2)対面授業
新型コロナウイルス感染症の予防対策を適切に講じ、3密を避けた安全な環境で授業を実施する。
(受講者の人数に応じて、グループ分けを行い、隔週で授業を実施する場合もある。)
対面授業に参加できなかった場合には、オンデマンド資料を閲覧し、レポート課題等(実技動画含む)を作成し、期日までに提出すること。

本授業の事前・事後学習は、合わせて1時間の学習を目安とする。
履修条件 初回の授業において、成績評価・授業の出席の仕方を説明するので、次回の授業開始までに、各自確認をしておくこと。
対面授業を3回行うので(予定)、参加してください(新型コロナウイルス感染症の感染拡大により対面授業を中止する場合があります)。
授業計画
1 ガイダンス(スポーツチャンバラの講義が学生に及ぼす影響を理解し、運動することの重要性について学修する)(オンデマンド授業)
【事前学習】シラバスを確認し、授業概要、授業目的、到達目標、授業方法を確認しておく (0.5時間)
【事後学習】授業中に配布した資料を通読し、スポーツ・チャンバラのルールを理解しておくこと (0.5時間)
2 アイスブレイク、スポーツチャンバラを見てみよう(同時双方向授業)(A-6-1)
【事前学習】第1回で配布した資料を通読し、スポーツ・チャンバラのルールについて理解をしておくこと (0.5時間)
【事後学習】アイスブレイクの効果を調べ、要点をまとめておくこと (0.5時間)
3 スポーツチャンバラの基本動作とストレッチング(静的ストレッチ・動的ストレッチ)(オンデマンド授業)(A-1-1)
【事前学習】第1回で配布した資料を通読し、スポーツ・チャンバラのルールについて理解をしておくこと (0.5時間)
【事後学習】静的ストレッチと動的ストレッチの相違点をまとめておくこと (0.5時間)
4 スポーツチャンバラの試合:個人戦(1対1)(対面授業/オンデマンド授業)
【事前学習】第1回で配布した資料を通読し、スポーツ・チャンバラのルールについて理解をしておくこと (0.5時間)
【事後学習】スポーツチャンバラの1対1の試合における戦術の要点をまとめておくこと (0.5時間)
5 スポーツチャンバラの試合と戦術(オンデマンド授業/対面授業)
【事前学習】前回の授業中に撮影した動画を見直し、自身の戦術を確認しておくこと (0.5時間)
【事後学習】授業中に撮影した動画を見直し、自身の課題を確認しておくこと (0.5時間)
6 スポーツチャンバラの審判、スポーツチャンバラに必要な体力(オンデマンド授業)
【事前学習】第1回で配布した資料を通読し、スポーツ・チャンバラの審判法について理解をしておくこと (0.5時間)
【事後学習】授業中に例示した様々な場面での審判法についてまとめておくこと (0.5時間)
7 体力テスト:下肢の筋力(オンデマンド授業)
【事前学習】テスト項目と実施方法を確認する (0.5時間)
【事後学習】結果から自らの身体能力について評価する (0.5時間)
8 体力テスト:持久力(オンデマンド授業)
【事前学習】テスト項目と実施方法を確認する (0.5時間)
【事後学習】結果から自らの身体能力について評価する (0.5時間)
9 体力テスト:筋持久力(オンデマンド授業)
【事前学習】テスト項目と実施方法を確認する (0.5時間)
【事後学習】結果から自らの身体能力について評価する (0.5時間)
10 体力テスト:柔軟性、平衡性・バランス能力(オンデマンド授業)
【事前学習】テスト項目と実施方法を確認する (0.5時間)
【事後学習】結果から自らの身体能力について評価する (0.5時間)
11 スポーツチャンバラの形を学ぶ(オンデマンド授業)
【事前学習】これまでの授業で紹介したトレーニングやストレッチを行い、自身の体力の維持・向上を図ること (0.5時間)
【事後学習】授業内容を踏まえ、自身の形を撮影し、授業担当者の形との相違点を確認しておくこと (0.5時間)
12 スポーツチャンバラの形を身に付ける(課題研究)
【事前学習】前回の授業中に紹介された形の見本動画に目を通しておくこと (0.5時間)
【事後学習】授業内容を踏まえ、自身の形を撮影し、自身の形の課題を確認しておくこと (0.5時間)
13 スポーツチャンバラの形を披露する(同時双方向授業)
【事前学習】前回の授業中に撮影した動画を視聴し、自身の課題をまとめておくこと (0.5時間)
【事後学習】授業中に撮影した動画を見直すことに加え、担当教員からのフィードバックを踏まえ、気づいた点をノートにまとめておくこと (0.5時間)
14 スポーツチャンバラの試合(様々な条件を変更した試合)(対面授業)
【事前学習】これまでの対面授業を振り返り、自身の戦術を確認しておくこと (0.5時間)
【事後学習】授業中に撮影した動画を見直し、自身の課題を確認しておくこと (0.5時間)
15 授業の振り返りとまとめ(自身の健康の保持増進を考える)(課題研究)(A-1-1)
【事前学習】これまでの授業の内容を復習しておくこと (0.5時間)
【事後学習】まとめの内容を基にして、自身の今後のスポーツライフを設計しておくこと (0.5時間)
その他
教科書 教科書は使用しませんが、必要に応じて資料を配布する場合があります。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト:授業内テストは、スポーツチャンバラの基本の形(かた)の完成度で評価をします。(30%)、授業参画度:毎授業への取り組む姿勢(自主性、意欲、関心、コミュニケーション力、協働性、リーダーシップ)、グループディスカッション、授業の理解度、形の習熟度、小課題の提出頻度と内容等を包括的に評価する。(70%)
オフィスアワー Blackboard上やメールで質問を受け付け,次回の授業やオンデマンド資料にて回答・解説します。
備考 【注意】
・授業の内容に関する問い合わせについて
 1:メールでの問い合わせをする際、深夜帯(22時~5時)の連絡は控えてください。
 2:3日以上経過しても返信がない場合には、メールを見落としている可能性があるので、恐れ入りますが、再度、メールをお送りください。
・対面授業に出席するに当たって
 1:体調管理に努め、自身の不調や同居家族の不調があった場合は出席を見合わせること。
 2:授業に参加する際は大きな声で騒がず、大人数で密にならないように集合し、授業後は速やかに大学構内から帰宅すること。
 3:授業中だけでなく、授業前後にもマスクを着用し、学内への入構の際には手洗い消毒を行うこと。
  (※こちらで、フェイスシールドは用意しますので、マスクは各自で用意をお願いします。)
・Blackboardにて課題の提示・提出等の指示や連絡をするので、確認を怠らないようにすること。
・受講定員は40名とする(定員を超えた際には第1回授業時に抽選を行う)。
・必要に応じて運動に適した服装で授業を受けること。
・課題提出数(小テストや毎回の小課題等も含む)が課題提出回数の2/3以上に満たない場合、成績評価対象としない。

【確認】
・出欠と成績評価について
 今学期においては、地方出身や感染予防などの理由から大学へ登校できない場合、無理に大学へ登校する必要はありません。
 対面授業に参加できなくても、Blackboard上の資料を確認し、課題等を提出すれば、適切な評価をしますので、安心してください。

このページのトップ