文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 総合 II 群 > 健康・スポーツ実践1~12(レクリエーション球技)
日本大学ロゴ

健康・スポーツ実践1~12(レクリエーション球技)

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 健康・スポーツ実践1~12(レクリエーション球技)
教員名 鈴木 淳也
単位数    1 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 総合教育科目
学期 前期 履修区分 選択
授業の形態 オンデマンド型の遠隔授業(12回)と課題研究(3回)
授業概要 生涯を通じて、身体的・精神的にも健康な生活を過ごすためには、運動習慣は非常に重要な要素となる。この授業では、生涯スポーツとして球技を含めた様々スポーツを知り、スポーツの基礎知識や実践能力を身に付けることを目的とする。
授業のねらい・到達目標 この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP1,DP5,DP6,DP7及びカリキュラムポリシーCP1,CP5,CP6,CP7に対応しています。

1 授業で実施する球技種目の成り立ちやルールなど、基本的な知識を習得する。
2 授業で習得した技術を、簡易的なゲームで使用できる。
3 授業履修した学生同士で、積極的にコミュニケーションを図り、活動に参加できる。
授業の方法 授業の形式:【実技・講義】
この授業では、Black Boaradを使用しながら、オンデマンドの講義ならびにWeb実技(室内で実施できる運動)を組み合わせて授業を展開する。スポーツ・健康に関する基礎知識や様々な球技種目を理解しながら、生涯にわたってスポーツに親しむ資質を養う。
※オリエンテーションや総括では、同時双方向型の授業(Zoom)でオンライン授業になることもある。
授業計画
1 オリエンテーション
【事前学習】シラバスの内容を確認し、疑問点や課題になりそうなことを考えてくる。 (0.5時間)
【事後学習】自分の興味のあるスポーツについて、成り立ちやルール、運動効果などを調べる。 (0.5時間)
2 講義:スポーツを楽しもう
【事前学習】ストレッチやウォーキングの効果について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
3 Web実技
【事前学習】気軽に実施できる運動について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】自分で考えた運動を実践する。 (0.5時間)
4 講義:社会と健康①
【事前学習】子供たちの体力低下について、調べておく。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
5 Web実技
【事前学習】気軽に実施できる運動について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】自分で考えた運動を実践する。 (0.5時間)
6 講義:社会と健康②
【事前学習】生活習慣病と運動の関係について、調べておく。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
7 Web実技
【事前学習】気軽に実施できる運動について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】自分で考えた運動を実践する。 (0.5時間)
8 講義:栄養と健康
【事前学習】自分の食事内容を、写真・メモしておく。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
9 Web実技
【事前学習】気軽に実施できる運動について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】自分で考えた運動を実践する。 (0.5時間)
10 講義:身体運動と健康
【事前学習】運動の効果について、調べておく。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
11 Web実技
【事前学習】気軽に実施できる運動について調べる。 (0.5時間)
【事後学習】自分で考えた運動を実践する。 (0.5時間)
12 講義:オリンピック・パラリンピック 
   総括
【事前学習】オリンピック・パラリンピックの歴史について、調べておく。 (0.5時間)
【事後学習】今回の授業で学修した内容を、日常生活で実践するための方法を考える。 (0.5時間)
13 課題学習
【事前学習】これまでの全授業の内容を、復習しておく。 (0.5時間)
【事後学習】質問内容を考えておく。 (0.5時間)
14 課題学習
【事前学習】これまでの全授業の内容を、復習しておく。 (0.5時間)
【事後学習】試験内容や回答を見直しておく (0.5時間)
15 課題学習
【事前学習】これまでの全授業の内容を、復習しておく。 (0.5時間)
【事後学習】試験内容や回答を見直しておく (0.5時間)
その他
参考書 授業内で紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業内テスト(20%)、授業参画度(40%)
毎時間、Black Boardで配信されるPower Pointの視聴状況と小テストの実施で、授業参加状況を確認する。また、指定された期日までにレポート課題を提出してもらう。実技は、実際に動画視聴しながら運動したり、自分でトレーニング計画を作成しながら運動したり、トレーニング(運動)計画を作成し、その結果を報告書にまとめてもらう予定である。
オフィスアワー Black Boardの中で、連絡のやり取りをする予定。

このページのトップ