文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会学科 > 卒業論文
日本大学ロゴ

卒業論文

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 卒業論文
教員名 後藤 範章
単位数    8 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 社会学科
学期 通年 履修区分 選択
授業テーマ 大学生活の集大成としての卒業論文の執筆・完成と成果の発表
授業のねらい・到達目標 3・4年次の2年間をかけて卒業研究にあたり、最終的に卒論を完成させて提出すると共に、卒論発表会で成果を発表し質疑応答を行います。なお、卒論は各自が製本して、研究室で1部ずつ保管し閲覧に供します(研究室の公共財として)。
授業の方法 各自の進捗状況に応じて、研究室での1対1(個別)のやり取り、教室で3・4年生合同の中間報告会と最終報告会(12月)を重ねた上で、卒論を完成させて提出することを原則とします。2月10日頃にまるまる1日を費やして、後藤研究室主催の卒論発表会を開催し、PPTを使っての発表と質疑応答を行います。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 卒業研究に必要な調査、文献の講読、論文の執筆、発表の諸準備等を、随時行うこと。
授業計画
1ガイダンス:卒業研究・卒論執筆のプロセスと課題
2研究室での個別指導
3研究室での個別指導
4研究室での個別指導
5研究室での個別指導
6研究室での個別指導
7研究室での個別指導
84年生の中間報告会①
94年生の中間報告会②
104年生の中間報告会③
11研究室での個別指導
12研究室での個別指導
13研究室での個別指導
14課題授業
15前期を振り返ってのまとめ
16研究室での個別指導
17研究室での個別指導
18研究室での個別指導
193年生の中間報告会①
203年生の中間報告会②
213年生の中間報告会③
22研究室での個別指導
23研究室での個別指導
24研究室での個別指導
254年生の最終報告会①
264年生の最終報告会②
274年生の最終報告会③
28研究室での個別指導
29課題授業
301年のまとめ(卒論提出+卒論発表会)
その他
教科書 大谷信介・後藤範章ほか編著 『新・社会調査へのアプローチ』 ミネルヴァ書房 2013年
とくに、第Ⅳ部_3「Kさんの卒論はじめて物語」
成績評価の方法及び基準 授業参画度(20%)、卒論の出来(50%)、卒論発表会でのプレゼンテーションと口述試問の出来(30%)
卒論を完成させて提出することに加えて、後藤研究室主催の卒論発表会でプレゼンテーション及び質疑応答を行い、卒論を製本して提出することを成績評価の必須条件とします。
オフィスアワー 毎週木曜日の午後6時以降
備考 研究室での個別指導は、3・4年生とも(各自)前期1回+後期1回を最低ラインとします。正規の授業時間とは別に、まるまる1日を費やしての卒論発表会を2月10日頃に開催します。

このページのトップ